焼酎セレクトマイスター口コミ評判

焼酎

【焼酎セレクトマイスター】の資格は焼酎の知識に関する資格です。資格取得すれば焼酎の知識に関して一定の知識を有している証明となります。例えば焼酎は製造する各土地の気候によって味に特徴があり、そういった要素を踏まえ、飲む人の嗜好に合わせて焼酎の水割りやお湯割りなどをセレクトし、提供することが出来ます。このためお酒を取り扱う仕事をするうえで役立つ資格であり、焼酎が人一倍好き、という人にとっても興味深い内容となっています。

健康志向の高まりとともに注目される焼酎

現在、焼酎は何度目かブームとなっています。焼酎は昭和28年に酒税法で甲類と乙類の2種類に分類されました。この法整備が現在の焼酎の歴史のスタートと考えていいでしょう。焼酎の【甲類】とはアルコールの原料となる素材を【連続式蒸留器】で蒸留して作った焼酎で、アルコール度数が36度未満のものを指します。それに対して焼酎の【乙類】はアルコールの原料を【単式蒸留器】によって蒸留して作った焼酎で、アルコール度数は45度以下のものを指します。

単式蒸留した乙類の方が昔ながらの、本来の焼酎の製造法に適っているため、【本格焼酎】と表記する場合もあります。価格も甲類と比べると高めで、いわゆる本格派の焼酎です。ちなみに沖縄特産の乙類焼酎を【泡盛】と呼びます。乙類の本格焼酎には麦焼酎、米焼酎、芋焼酎、蕎麦焼酎、黒糖焼酎、泡盛、などがあります。焼酎は日本酒に比べるとカロリーが低く、さらに血栓予防の効果があり、血液がサラサラになるという健康作用もあります。そして製造過程で不純物が多く取り除かれるため、肝臓によるアルコール分解で負担が軽減され、二日酔いになりにくいという特徴があります。

以上のような健康上のメリットから焼酎は健康志向の高い人たちの間でブームとなっています。

焼酎セレクトマイスター資格の取得条件

焼酎セレクトマイスターの資格は【日本安全食料料理協会】が発行、運営する認定資格です。資格取得の条件は同協会が定期的に実施する認定試験に合格することです。受験の申し込みは日本安全食料料理協会の公式HPから随時受け付けています。受験料は10,000円です。申し込み手続きを済ませると郵送で試験用紙が届きます。試験はその試験用紙を使って在宅受験する形になります。答案用紙を期限までに返送すれば試験は完了です。合否の通知は約一ヶ月後になります。詳しい試験内容や試験の日程は日本安全食料料理協会の公式HPに記載されています。資格取得に興味がある場合はまず公式HPをチェックしてみましょう。

焼酎セレクトマイスター認定資格の口コミ評判

焼酎セレクトマイスターの資格は焼酎が好きという人なら非常に有用な内容のため、焼酎好きの幅広い層に支持されている資格です。資格取得を目指す人の主な層は当然、焼酎が大好きで人一倍焼酎に詳しくなりたいと考える人です。焼酎に関する知識の検定などは割と多く、そういった検定を受けた経験のある人が、今までの焼酎の知識を活かして資格取得を目指す場合も多いようです。資格内容は焼酎の種類などの基本的なことはもちろん、焼酎の製造法や、焼酎の種類によって変わってくる美味しい飲み方、作り方など、実践的な要素も盛り込んだ内容となっています。そのため資格を取得すれば単純に焼酎の種類や銘柄に詳しいというだけなく、焼酎の美味しい水割りやソーダ割りの作り方も身に付きます。

焼酎セレクトマイスターは実践面での内容も充実しているため資格取得すれば自宅でも美味しい焼酎を作ることが出来るようになり、自宅である程度こだわって焼酎を飲みたい、と考える人たちの間でも評判です。焼酎に詳しく、美味しい水割りなどが作れるノウハウは焼酎を取り扱う居酒屋でも重宝されます。そのため自身で居酒屋を経営している人や、お酒の専門店を営んでいる人からも注目される資格となっています。
焼酎セレクトマイスターはこちら
以上のことから、焼酎セレクトマイスターの資格は焼酎好きならプロ、アマ、問わず、多くの資格取得者から、とても充実した内容であるという評価を得ています。
焼酎  焼酎

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

日本デザインプランナー協会の口コミ評判

日本デザインプランナー協会とは? デザイナーに求められる要求事項は年々高度化しており、お店のインテリアやその色合い…

ページ上部へ戻る