焼酎資格人気ランキング 

焼酎

みなさん、焼酎資格に関する知識をお持ちでしょうか?

焼酎を飲むことは好きでも、歴史や製造方法・原材料などの、知識を持つ方は少ないかと思います。焼酎の知識を付けることで、これまでとは違った焼酎の楽しみ方や焼酎との距離が縮まります。

みなさんはこんな思い、ないですか?

・焼酎が好きで、焼酎に関してもっと知りたい

・割り方に応じた正しい飲み方を学びたい

・お酒を扱う仕事をしていて、スキルアップしたい

・焼酎との距離を縮めたい

こういった思いを叶えてくれるのが、焼酎資格です。正しい知識を付けることで、焼酎との距離が縮まりもっと楽しく焼酎を飲むことが可能となります。一方で、数多くある焼酎資格の中から、どの資格を取得すればいいのかわからない!といった声が多いことも事実です。今回、そういった方も安心できるように、数多くある焼酎資格をランキング形式にて5選ご紹介いたします。自分にピッタリの焼酎資格を見つけてくださいね。

それでは早速、ご覧ください!

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターとは、日本安全食料料理協会が認定をしている資格で、焼酎の製造方法や歴史の知識、焼酎作りにおける手法の違いや水割り・ソーダ割といった割り方の正しい理解など、幅広い知識を持つ人のことを指します。具体的には、焼酎の味や特徴・原材料の知識などが、必要です。

焼酎が好きな方や興味のある方、焼酎との距離を縮めたい!という方から人気となっています。また、焼酎セレクトマイスターの資格は、お酒に携わる業界や飲食業界からも、重宝されているため、就職やスキルアップをしたい方からも支持されている資格となります。

焼酎セレクトマイスター認定試験 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
焼酎セレクトマイスターはこちら

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎セレクトアドバイザーとは、日本インストラクター技術協会が認定をしている資格で、焼酎の製法知識や特徴の理解、グラスの選定方法や焼酎に合う料理の選び方など、焼酎に関する幅広い知識を持つ人のことを指します。また、その知識・技術を第三者に対してアドバイスすることができるスキルも重要です。

焼酎が好きな方はもちろんのこと、料理に合う焼酎の選び方や原材料や味によっての飲み方を知りたい方など、さまざまな方から支持を得ている資格です。その他にも、アドバイザーとしてもっと多くの人に焼酎の良さを知ってほしい!という方からも、人気となっています。

焼酎セレクトアドバイザー認定試験 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
焼酎セレクトアドバイザーはこちら

3位 焼酎唎酒師

焼酎唎酒師は、焼酎に関する基本的な知識を有し、お客様の求めている好みに合わせて焼酎を提供できる人のことを指します。この資格を取得することができれば、飲食業界や酒類や卸売業界などで、活躍することが可能です。また、焼酎に合う料理や組み合わせ等、理解することができるため、プライベートでも焼酎を楽しむことが可能です。

4位 焼酎検定

焼酎検定は、焼酎の魅力を広めていく機会を提供して、消費者に楽しんでもらうことができる人のことを指します。資格の種類が3級・2級・準1級・1級と4種類に分かれているため、自分のレベルに合ったものを選ぶことができます。焼酎について学びたいけど、知識に自信がない!という方は、3級からチャレンジしてみましょう!

5位 焼酎きき酒師

焼酎きき酒師は焼酎に関する正しい知識を持ち、香りや味の違いを理解している人のことを指します。実際のテイスティング能力が必要です。試験は、実技試験と筆記試験の両方が行われます。焼酎の知識だけでなく、実際にテイスティングできるようになりたい方から、人気となっている資格です。知識と合わせて技術も身に付けたい方におすすめです。
焼酎  焼酎

関連記事

通信講座情報

建築模型

建築模型技工士インストラクター認定試験の口コミ評判

コンピュータ上では表現できない立体模型のリアルさ コンピュータ技術が発達してきており、3Dなどのリアルな建物の表現も …

ページ上部へ戻る