発酵食健康アドバイザー口コミ評判

発酵食品

【発酵食健康アドバイザー】の資格は発酵食品の知識に関する資格です。資格取得することで発酵食品に関して一定上の知識を有している証明となります。発酵食品は健康食品として人気があります。資格取得後は発酵食品の有効な摂取方法や調理方法などをアドバイスできるようになるため、健康食品に関する講義や料理教室などの、幅広い分野で講師活動が可能になります。

発酵食品は人類の食文化の歴史です

発酵食品とは特定の食品に微生物の作用で発酵させた食品です。発酵させることでより栄養価が増し、味や香りもより豊かになります。発酵食品は元々、冷蔵庫が無かった時代に保存性を高めることを目的として用いられました。酒類全般も発酵の原理を利用した飲み物です。発酵は微生物の作用によって成立するのですが、そのことが判明したのは近代以降の微生物学がそれなりに発展した後です。昔は、理屈がよくわからないけど、所定の製造法で特定の食材を熟成させると出来るもの、という漠然とした理解の中で少しずつ製造法が確立されてきました。そのため手間をかけても作る価値のある発酵食品の製造法を確立するのには非常に長い年月を要し、発酵食品はその地域の食文化の歴史を探る上で重要な存在です。

主な発酵食品には味噌、醤油、納豆、ヨーグルト、チーズ、パン、酒類、などがあります。食材が微生物の作用によって変化し、人体に有益な変化をもたらすものを発酵と呼び、人体に害を与える作用を腐敗と呼びます。ちなみに世界最古の発酵食品は8000年前に中東のコーカサス地方でワインが作れていた証拠が確認されていますが、それよりもさらに古く、有史以前から存在したという説が有力です。

発酵食健康アドバイザー資格の取得条件

発酵食健康アドバイザーの資格は【日本インストラクター技術協会】が発行、運営する認定資格です。資格取得の条件は同協会が定期的に実施する認定試験に合格することです。受験料は10,000円です。申し込みは日本インストラクター技術協会の公式HPで随時受け付けています。申し込み手続きをすると郵送で試験用紙が届きます。試験やその試験用紙を使って在宅受験する形になります。答案用紙を期限までに返送すれば試験は完了となります。合否の通知は約一ヶ月後です。詳しい試験内容や試験の日程は日本インストラクター技術協会の公式HP内の発酵食健康アドバイザー専用ページに記載されています。資格取得に興味がある場合はまず公式HPをチェックしてみましょう。

発酵食健康アドバイザー資格の口コミ評判

発酵食健康アドバイザーの資格を取得すれば、発酵とは何か?発酵することでどのような栄養価が増えるのか?といった発酵食品の仕組みを深く理解することが出来るため、発酵食品をより有効に活用することが出来るようになります。
発酵食健康アドバイザーはこちら
例えば発酵食品を有効に使った料理、効果的な食べ合わせなどの知識が身につくため、日常の食事にも応用出来ます。主な資格取得者は普段から料理をよくするという人で、発酵食品を使った料理の理解を深めたい、という動機で取得を目指す人が多いようです。多くの発酵食品は発酵の過程で抗酸化作用が付加されることが多く、美容に効果的です。このため発酵食品の知識を美容効果に活かしたいと考える女性に資格取得希望が多い傾向にあります。発酵食品を作るための発酵菌は市販されているものも多く、知識さえあれば自宅で発酵食品を作ることは可能です。昨今は健康志向が高い人を中心に自家製の発酵食品作りがブームとなっています。そのためには発酵食品の基本的な仕組みを理解したいとことです。そこで自家製発酵食品を作るための知識を得るために、発酵食健康アドバイザーの資格取得を目指す人が増えています。発酵食健康アドバイザーの資格を取得し、さらに自家製の発酵食品を作った経験があればカルチャースクールなどで講師活動することも十分可能です。

以上のように、発酵食健康アドバイザーの資格は自身の生活に発酵諸君を取り入れる場合も、講師活動を目指す場合でも役立つ資格内容となっており、幅広い層から支持を得ています。
発酵食品  発酵食品

関連記事

通信講座情報

スパイス

食べる漢方薬!?スパイスの知られざる効能

食べる漢方薬!?スパイスの知られざる効能 「スパイス」と聞いたときに激辛料理やエスニック料理をイメージされる方は多…

ページ上部へ戻る