発酵食品資格人気ランキング

発酵食品

みなさん、発酵食品に関する知識をお持ちでしょうか?

発酵食品とは、正しい知識を持って食に取り入れることで、美容や健康にいい食品のこと。その知識を持つ方も多くはないかと思います。ストレス社会とも呼ばれる現代において、生活習慣や食生活が乱れがちな方は急増中です。そんな時、発酵食品の知識を持っていれば、効率よく体のバランスを整えることが可能となります。

みなさんはこんな思い、ないですか?

・美容や健康を気にしている

・発酵食品に関する専門知識を身に付けたい

・発酵食品をもっと多くの人に知ってもらいたい

・発酵食品の正しい効果を知りたい

こういった思いを叶えてくれるのが、発酵食品資格です。正しい知識を持つことによって効果を発揮することができる発酵食品。一方で、数多くある発酵食品資格の中で、どの資格が自分に合っているのかわからない!といった声があることも事実です。今回、そんな発酵食品資格をランキング形式にて、5選ご紹介していきたいと思います。ぜひ、自分に合った資格を見つけてくださいね。

それでは早速、ご覧ください!

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食健康アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会が認定をしている資格で、発酵食品の知識や発酵食品を使用した料理の知識、発酵食品が健康・美容にどのような影響を与えるかなど、発酵食品に関する幅広い知識を持ち、それを元に第三者に対してアドバイスを行うことができる人のことを指します。

具体的には、糖化発酵・乳酸菌・納豆菌などの働きや効果の理解、普段の食生活に発酵食品を取り入れる方法の知識が必要です。この資格は、発酵食品が好きな方や興味のある方、健康・美容に拘りを持っている方から大人気となっています。

また、資格取得後は健康・美容に関して、さまざま方向からアドバイスができる講師としても活動を行うことが可能です。本業から副業まで多用途での活躍が期待できることも、この資格が支持されている理由です。

発酵食健康アドバイザー認定試験 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
発酵食健康アドバイザーはこちら

2位 有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターとは、日本安全食料料理協会が認定をしている資格で、発酵と腐敗の違いや発酵食品とその他の食品違い、発酵過程である微生物の働きや有機物の美容・健康に対する効果の理解など、幅広い知識を持つ人のことを指します。

美容や健康に興味のある方や、有機物と発酵食品の関係性などを理解したい方から、人気となっている資格です。また、飲食業界や健康・美容業界で活躍できるスキルであることから、発酵食品に興味のある方はもちろんのこと、その業界への就職を考えている方からも支持を得ています。

有機美容発酵食品マイスター 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
有機美容発酵食品マイスターはこちら

3位 健康食コーディネーター

健康食コーディネーターは、食と健康のプロフェッショナルであることを認定する資格です。食と健康の関係性など、幅広い知識を有している必要があります。また、食と健康の知識に加えて、自宅における教室活動の知識やカフェの開業知識も得られるため、多くの方が受験をしています。食と健康について、教室を開いてもっと多くの人に知ってほしい!といった思を持つ方や、プロフェッショナルとして活躍したいという方におすすめです。

4位 発酵マイスター

発酵マイスターは、発酵に関する知識を持ち、発酵食品の魅力を消費者の方に広めることができる人に認定される資格です。発酵とは何で、発酵食品とはどういった食品のことを指すのかなどの、知識が必要となります。この資格を取得することで、発酵食品の知識・発酵食品が与える健康効果・発酵食品の調理法を学ぶことが可能です。まず、発酵食品というものを基礎から知っていきたい方に人気となっています。

5位 発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストは、発酵食の効果知識や正しい選定方法、調理法のコツといった発酵食に関して一定以上の知識を持つ人のことを指します。発酵食をもっと身近に感じたい!という方や、もっと知りたいといった方に、おすすめの資格です。
発酵食品  発酵食品

関連記事

通信講座情報

diy

デキるパパになれる!?「日曜大工スペシャリスト」 口コミ評判

「日曜大工スペシャリスト」は、日曜大工に特化したスペシャリスト資格です。 “日曜大工”とは家庭のお父さんが、お休みの日曜日に木材を買っ…

ページ上部へ戻る