盆栽資格人気ランキング

盆栽

盆栽は、日本独自の文化。その造形の美しさは、見る人の目を奪うほど。

以前、盆栽と言えば定年後のお年寄りの楽しみのようなイメージもありましたが、昨今では海外でも注目を浴び、そのイメージは変わりつつあります。

洋風のガーデニングも楽しいですが、せっかく日本人に生まれたのですから、盆栽の技術や知識を学んでみませんか?

資格を得ることで、自宅の庭づくりや自作の盆栽を楽しむ目的だけでなく、人に教える・盆栽の文化を継承していく楽しみも増えそうですね。

【1位】盆栽クリエイター

盆栽クリエイターとは、日本デザインプランナー協会(JDP)主催の民間資格です。盆栽に関する基礎知識から、様々な技術まで一定のレベルにある方に認定される資格です。

盆栽の歴史や、盆栽に使う土や樹種などの知識から学びたい方に、ぴったりの資格と言えるでしょう。盆栽の手入れについての知識だけでなく、さまざまな学びの中から、盆栽を選ぶ際・買う際に必要な知識を得ることができ、また、その知識があることの証明にもなるので、お仕事としても活躍の場が広がるのではないでしょうか?

また、海外での盆栽のあり方についても学べるので、これから増えてくるであろう外国人向けのお仕事などにも役立ちそうな資格ですね。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本デザインプランナー協会:盆栽クリエイターはこちら

【2位】苔玉作りインストラクター

苔玉とは、植物の根を土で包み、その土を苔で包んだかわいらしい形状のもの。盆栽の世界では、苔は多用されるものですが、昨今は洋風ガーデンでの利用や、室内で楽しむ観葉植物としても苔玉が大流行となっています。

その苔玉作りの世界にもインストラクター資格があります。苔玉作りインストラクターとは、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の民間資格です。この資格は、苔玉作りに必要な基礎知識と、苔玉を作る際に必要な道具の知識などを有している方に認定されます。

大流行の苔玉作りにハマっている人には、とくにおすすめの資格ですよ。自分で作って育てる楽しみ方だけでなく、インストラクターの資格を取得することで、カルチャー教室や自宅などで、講師としての活動もできるようになります。自分で作った苔玉を販売するなど副業にも繋がるのではないでしょうか。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本インストラクター技術協会:
苔玉作りインストラクターはこちら

【3位】盆栽士

盆栽士とは、日本園芸協会認定の40年以上の歴史と伝統を持つ資格です。指定の講座を受講し、基礎知識から高度な技術までを学びます。全ての課題をクリアすることで、盆栽士の資格を取得することができます。

盆栽士の資格を取得することで、盆栽の仕立ての技術だけでなく、市場の動向や苗木などの販売知識も深めることができるので、趣味の域から仕事へと活躍の場が広がりそうですね。

講座名:盆栽技能講座

費用:51.000円(消費税抜き)

学習期間:12カ月

盆栽  盆栽

関連記事

通信講座情報

diy

人気のDIYプロ資格!「DIY工作アドバイザー」 口コミ評判

みなさんは、「DIY」という言葉を知っていますか? ”Do It Yourself” の省略形で、主にインテリアや家具を自分で作ったり…

ページ上部へ戻る