着物着付け方資格人気ランキング

成人式などの際に着用されることが多い着物は、女性の魅力をより高めてくれる魅力の多い衣服です。近年は日常生活で着用する着物女子と呼ばれている方がいるなど、着物を着用するハードルが下がってきています。動きやすさよりも見た目の美しさを重要視している着物は、動きやすさを向上させる所作や作法が必要となっているのですが、実際に正しい方法を理解している人は多くありません。そのため、着物着付け方を熟知している資格所有者の需要が高まっています。着物着付け方の資格はいくつかありますので、どの資格が良いのか比較してみましょう。

1位 着物マイスター

着物マイスターは、日本生活環境支援協会が認定する資格です。資格を獲得できた人は、着物の歴史や種類、結び方や手入れの仕方など、たくさんのことを知っている専門家として一目置かれる存在になることができます。そのため、着物マイスターの資格を持つことができれば、資格を活用して講師活動などが可能です。着物マイスターを受けるために満たすべき資格はありませんので、誰でも気軽に申し込みをすることができます。着物マイスター認定試験の魅力として大きいのが、在宅で試験を受けられることです。資格試験によっては、指定された会場まで出向かなければいけませんし、初めて訪れる場所であれば環境に慣れることができず、緊張して普段の力が発揮できない場合があります。

しかしながら、着物マイスターはいつも利用している自宅の中で試験を受けることができますので、集中できるでしょう。着物マイスター認定試験に合格するためには、試験で7割以上の評価を獲得する必要がありますので、気をつけましょう。

2位 着付け方インストラクター

日本インストラクター協会が認定する着付けの資格として注目されているのが、着付け方インストラクターです。着付け方インストラクターに認定された方は、季節や行事に適した着物の選び方や着物の仕立て方などを把握することができるため、多くの場所で活躍することができます。着付け方インストラクター認定試験に合格し、資格を持つことができれば、資格を用いてカルチャースクールや自宅などで指導を行いながら受講料を得ることができるため、好きな着付けを仕事にすることができるメリットがあります。

着付け方インストラクターの受験資格はありませんので、誰でもチャレンジ可能です。受験したとしても、7割以上の評価が得られなければ資格を発行してもらうことができませんので、注意が必要です。着付け方インストラクター認定試験は自宅で受験することができますので、忙しくて試験会場まで移動することが難しい人でも安心して試験を受けることが可能です。

3位 着付け技能検定

着付け技能検定は、平成21年度から一般社団法人全日本着付け技能センターが構成労働大臣から指定を受けて始まった国家検定です。着付け技能検定では、着付けに関する知識と技能が一定以上ある人に対し、等級に応じた着付け技能士の資格を発行しています。

着付け技能検定には1級と2級があり、それぞれ出題範囲が異なります。2級では着物の歴史や男女で異なる着物の特徴などが出題され、技能試験では決められた時間内に着付けを行うことが必要とされます。1級になると、2級に比べて難易度が上がり、筆記試験で問われる範囲が広がり、実技試験でも着付ける旗鼓の種類が増えています。そのため、1級に合格するためには一定以上の知識と技術が必要となっています。着付け技能検定を受験するためには、定められた試験資格を満たす必要がありますので、申し込みをする前に全日本着付け技能センターのホームページで確認をしましょう。

4位 きものコンサルタント

着物の専門家を目指す人にオススメなのが、きものコンサルタントです。美しい着物を用いて日本文化を伝えることができるきものコンサルタントの資格は、着物の魅力を多くの人に伝えられる魅力的な資格といえます。きものコンサルタントの資格を得るためには、試験に合格する必要があるのですが、試験を受ける前に講座を受講することが必須となっていますので、注意しましょう。きものコンサルタントの資格は、大手着物メーカーや呉服店などで学んだ知識を活かして活躍することができます。きものコンサルタントは筆記試験と実技試験が行われ、それぞれの試験で一定の評価を得ることで資格を得ることが可能です。

5位 着付け師

長沼静きもの学院では、着付け師育成科を開講しており、希望すれば1年間で着付け師3級から1級まで取得することが可能となっています。着付け師資格を取得するために、現場での経験があるプロが指導してくれますし、冠婚葬祭の際に役立つ技術を学ぶことができますので、受講することで一定以上のスキルを得ることができるでしょう。

まとめ

着物着付け方資格はいくつかあり、資格によって受験資格や得られるメリットなどが異なります。しっかりと内容を確認し、着物着付け方資格を獲得できるように頑張りましょう。

 

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

通信教育・通信講座とは

通信教育・通信講座とは 資格は、検定試験に合格しなければ取得できません。勉強方法は、独学、通信、学校などがあります…

ページ上部へ戻る