空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミ評判

空間

空間ディスプレイデザイナーとは?

空間ディスプレイデザイナーという職業をご存知でしょうか?
これはファッションビルなどで服などを販売する際に、どの様に販売するものを配置するかを考え、
照明や色合いなどを組合すかで売れる・魅せる売り場を演出する職業であります。
デパートなどでひと際目立つ展示方法や、つい立ち止まって見とれてしまうといった経験は
誰しも一度はあるかと思います。
これは、空間ディスプレイデザイナーにより生まれた魅せる技の一つかと思います。
空間資格

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは?

空間ディスプレイは、ショッピングモールやスーパーなど至るところで需要は存在しますが、
ディスプレイを作成する事自体は誰でも行う事は可能です。
ただ技術を持っている人と持っていない人が作成したディスプレイの質は歴然とします。
そのため、どの様な技術や表現方法を持っていれば、その様な魅せるディスプレイが制作できるのかという
プロの技術を持った人を育成していく必要があります。
それを実現すべく設けられたのが空間ディスプレイデザイナー認定試験となります。
空間ディスプレイデザイナー認定試験では、陳列の知識や技術、色彩を用いた演出方法に照明技術を用いた演出方法など
ディスプレイに関わる幅広い技能を総合して評価する試験となっております。
試験は2級と1級とが用意されており、2級では陳列や色彩に関する知識とヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)と
呼ばれるショップのコンセプトに沿ったデザインやプロモーションなど、
単に商品陳列だけでなくショップ全体やブランドコンセプトに沿って制作が可能かどうかの技術が問われます。
1級では、上記に加え3DCGを駆使して空間を表現する技能を有しているかどうかに関しても問われます。

受験方法について

これらの資格に関しては、1級・2級ともに自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本デザインプランナー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから空間ディスプレイデザイナー認定試験のページリンクにアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、お好きなタイミングで試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミと評判

空間ディスプレイデザイナー認定試験を受験された方は、
「試験は高度な内容でしたが、しっかり試験勉強を行う事で合格につなげる事ができました。
そういった勉強を積み重ねる中で体で覚えこんでいた知識を体系化させる事ができ、
受けた後では今まで直感的に行っていた作業も、どの様な理論に基づいてディスプレイさせるのか
という事が説明できるようになり、周りに指示する際に納得して作業してもらえるようになりました。」
「2カ月に一回開催されているので、もし受験に失敗した場合にも1年を待たずとも再試験できるので、
変なプレッシャーを感じずに試験勉強が行えるので安心して勉強を行う事ができました」
との事でした。

空間デザイン空間デザイン

関連記事

通信講座情報

食育

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育健康アドバイザー認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介します。食育は食べる事を通じて健康に関する知識や知能を育てる分野として近年益々注目…

ページ上部へ戻る