空間デザイン資格評判ランキング

空間

空間デザイン資格評判ランキング

建築やインテリアのデザインを専門的に行うレベルから、自宅の部屋の模様替えをするレベルまで、空間をデザインすることに変わりはありません。自分の頭の中にある空間のイメージを実現する方法は共通していて、やり方さえつかめば、どんな大規模な空間であろうともデザインできるようになります。お部屋の模様替えで感じたワクワク感や、イメージを実現させた喜びを、大規模な空間デザインでも実現させてみませんか。資格取得を目指し学ぶことで、手軽に空間デザインを習得できます。空間デザインに関する4つの資格をご紹介します。

1位  空間ディスプレイデザイナー資格

理由:日本デザインプランナー協会が認定する資格で、空間ディスプレイデザイナーとしての高い知識・技術レベルが、社会的に証明できる認定試験です。空間ディスプレイデザインを行うには、陳列の知識・技術から色彩演出、照明技術など様々な技能が必要です。1級と2級に分かれていて、2級では空間の陳列の基礎・応用、色彩の基礎知識、ヴィジュアルマーチャンダイジングの基礎知識など、1級では2級の範囲に加え、3DCGの基礎知識などについても出題されます。資格取得後は、学んだ知識と技術を活かし、自宅やカルチャースクールなど幅広い範囲で講師活動をすることもできます。1級2級ともに、約2か月に1度行われている資格認定試験に合格すれば取得可能です。
空間ディスプレイデザイナー資格認定試験

2位  住空間収納プランナー資格

理由:一般社団法人「日本収納プランナー協会」が認定する資格です。住空間収納プランナーは、片づけができない依頼者の現状の暮らしから把握し、片付かない空間や心の問題を解決へと導いたり、住空間と収納空間のバランスを考えて、新築リフォームや家具などの様々な収納計画を提案する仕事です。資格にはベーシック、エキスパート、マスターという3つの段階があり、マスターまで取得することで、ベーシックとマスターに向けたクラスや、専門学校や教育機関で講師をすることも可能です。

3位  TALK食空間コーディネーター資格

理由:NPO法人「食空間コーディネート協会」が、食空間をプロデュースする意義の大切さを、できるだけ多く人に知ってもらい、食空間コーディネートの知識・テクニックなどの専門性を高め、 感性を豊かに磨くことを目的に創設した資格制度です。食空間コーディネーターとは食空間のプロ、スペシャリストを差します。資格試験には3級と2級があり、3級は筆記試験のみであるのに対し、2級は筆記試験と実技試験があり、コーディネート作品の写真審査があります。

4位  空間プランナー資格

理由:日本能力開発推進協会(JADP)が主催の認定資格で、インテリア商品、部材、販売、情報などの基礎知識、・インテリアを含む住環境のコンサルティング、室内環境の計画などの専門知識を備えていることを証明する資格です。協会指定の認定教育機関等で講座を受け、全カリキュラムを60%以上の得点率で修了すると合格できます。合格者には空間プランナー資格の称号が付与されます。インテリアの基礎知識やインテリアに関するコンサルティング、インテリアを含む住環境、住宅構造と構成材、室内環境の計画、関連法規などが、履修する内容ですので、住宅メーカー、インテリア業界などで働いている人におすすめの資格です。

空間デザイン  空間デザイン

関連記事

通信講座情報

cad

土木CADインストラクター認定試験の口コミ評判

CAD技術の重要性 近年オリンピックや観光客の急増を背景に建築業界の人材不足が叫ばれております。  更に国土強靭計画…

ページ上部へ戻る