紅茶マイスター認定試験の口コミ評判

tea

紅茶の専門知識があるならば

最近はティールームはコーヒーショップに負けずおとらず増えてきております。
 ティールームのチェーン店も増えてきており、
 企業レベルでも紅茶を飲む人達を楽しませるための場所を増やそうとしております。
 それでもまだまだ出店数はコーヒーに比べ少ないというのが実情です。
 では、なぜなかなか出店が進まないのでしょうか?
 その原因の一つとしては、紅茶に関する専門的知識を持っている人が少ないからだと思います。
 そのため、なかなか出店しようにも人材を集めれないというのが現状です。
 また、紅茶の知識は持っているけれども、それをもとにティールーム経営という知識まで
 持っている方が少ないためなかなかティールームが増えないのかと思います。

紅茶マイスター認定試験とは?

それでは、紅茶に関する専門的知識を持っており、
 ティールームを経営していくための紅茶以外に関する包括的な知識を保有している
 人材であるかどうかを判断するための基準となるものはないのでしょうか。
 その基準となる代表的なものに紅茶マイスター認定試験というものがございます。
 これは、日本安全食料料理協会という日本の食に関する様々な資格を運営している団体で、
 紅茶好きのための登竜門でもある紅茶アドバイザー認定試験の上位資格として用意されている資格です。
 試験内容としては、ティールーム経営を行う上での商品やサービスに関する企画や、
 ティールームの内容や設備に関する企画についてや、マーケティングに関する知識が問われます。
 また、企業や経営を行う上での知識を有しているかどうかなどティールーム経営に関する
 様々な実務的な内容を問われる内容となっております。
紅茶マイスター

受験方法について

この資格は、自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本安全食料料理協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから紅茶マイスター認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのリンクへアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

紅茶マイスター認定試験の口コミと評判

紅茶マイスター認定試験を受験された方は、
 「
  今の仕事を退職したら、カフェを経営したいと思っており、現在計画を立てております。
  そのため、紅茶マイスター認定試験はためになりました。
  紅茶マイスター認定試験は人生も変えてくれる資格だったと思います。
 」
 「
 紅茶アドバイザー認定試験を以前受験し、力がついたと思ったので紅茶マイスター認定試験を受験しました。
 経営に関する実務的な内容が多かったので勉強するのに時間はかかりましたが、
 きちんと勉強を行って受験したので一発で合格する事ができました。
 これを機にティールームを開業するための足掛かりに出来ればと思います。
 」
 との事でした。

紅茶  紅茶

関連記事

通信講座情報

tea

紅茶アドバイザー認定試験の口コミ評判

紅茶ブームの予感 アメリカなどでは食後に飲まれる飲み物としては、コーヒーが主流ですが、  イギリスでは紅茶が主流なの…

ページ上部へ戻る