快眠セラピスト認定試験の口コミ評判

suimin

睡眠障害で悩む人が多い現代社会

睡眠障害というと夜に寝たいのに眠れない人という連想が働く人が多いかと思います。
しかし、睡眠障害というのはその中でも非常に多くの種類が存在します。
分類方法は、睡眠障害国際分類[ICSD:International Classification of Sleep Disorders]というものまで存在することから、
日本のみならず世界中で睡眠に悩んでいる人が多いことが伺えます。
まず多いのが不眠症という内容です。
これはある程度寝る時間は確保できるのにも関わらず、うまく寝付けないという内容になります。
また、よく耳にするのは睡眠関連の呼吸障害が発生して眠れない事例です。
睡眠無呼吸症候群はNHKなどでも取り上げられている事から耳にする方は多いでしょうし、またこれが理由で最悪死に至るケースもあることからも多くの方に認知されている内容となっております。
上記とは別の対極に位置づけられるのが、過眠症です。
これはただ眠る時間が多いというだけでなく、日中などの活動中においても眠気が襲ってくるという内容となります。
そのため、怠惰などから起きている分けではないので、それと区別がつきにくい事からも深刻な内容となります。
他に現代社会で発生しやすい症例としては、睡眠相後退症候群などに代表される体内時計などが狂うことにより、眠気がうまく発生しない病気です。シフト勤務や海外出張が多い人など規則的に眠る事ができない人に発生しやすい病気となります。
快眠セラピスト

快眠セラピスト認定試験とは?

この様に睡眠に悩まされている人が多い現代社会において、今注目されている資格があります。
それは日本メディカル心理セラピー協会というセラピストを注目を浴びている団体が設置している
快眠セラピスト認定試験という資格です。
これは睡眠の原理や様々な睡眠障害を理解し、それらの治療方法や改善方法などを提案する事ができ、
快適な睡眠を提供できる人材を評価するために設けられた資格となっております。
最近では睡眠グッズなども色々な場所で販売されるようになったことから、
睡眠を専門に扱う方だけでなく、様々な分野で注目を浴びている資格となります。

受験方法について

この資格は、それらの職業に従事している人でなくても知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本メディカル心理セラピー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから快眠セラピストのページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのリンクへアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

快眠セラピスト認定試験の口コミと評判

快眠セラピスト認定試験を受験された方は、

睡眠に関連する商品も新しく取り扱うようになったため、
それらの知識を勉強するためにもと思い受験する様にしました。
今後この知識を元に商品販売の提案力強化していきたいと思います。

との事でした。

睡眠睡眠

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

日本生活環境支援協会の口コミ評判

日本生活環境支援協会とは? みなさんは日本生活環境支援協会という団体はご存知でしょうか? この団体は住居環境に困…

ページ上部へ戻る