通信教育・通信講座とは

通信教育通信講座

通信教育・通信講座とは

資格は、検定試験に合格しなければ取得できません。勉強方法は、独学、通信、学校などがあります。それぞれのメリットデメリットを比較しまとめました。

独学のメリット

・費用がかからない
・自分で教材を探し、好きな教材で自分のペースで学習できる

独学のデメリット

・わからない点があっても質問できない、強い意志がないと継続できない。
・合格率が低い

通信教育・通信講座のメリット

・専門の教材で効率よく、何度でも繰り返し自分のペースで学習できる。
・独学よりは、費用がかるが、通学よりは安い。

通信教育・通信講座のデメリット

・強い意志がないと学習を続けることが難しい。
・わからないことがあってもすぐには対応できない。

通学のメリット

・学習仲間ができ、モチベーションが高めやすい。
・わからないことを直接、講師に質問できる。

通学のデメリット

・費用がかかる
・時間が決まっているため、体調不良や仕事などで教室に通えない可能性がある。

独学、通信教育、通学、それぞれにメリットとデメリットがあります。通学が難しい主婦や社会人に人気があるのは、通信講座・通信教育です。通信教育スクールnetのアンケート「人気評判ランキング」調査で満足した通信講座1位に選ばれたのが、「諒設計アーキテクトラーニング」です。

諒設計アーキテクトラーニングは、一級建築士事務所 諒設計を母体とする資格講座で、建築分野を主体としていました。今では、建築分野だけでなくコーヒーや紅茶、収納関係など暮らしに関する資格やアロマやハーブなどの癒しに関する資格など様々な種類の資格取得を目指す講座が開講しています。モチベーションを高められるよう専門スタッフがつき、質疑応答無制限で対応するなど、通信講座の問題を解消する工夫がされています。

また、「SARAスクール」は、通信講座のなかでも女性に人気の資格を取得できる女性向けの通信講座です。こちらも諒設計アーキテクトラーニングと同様に、受講中プロの講師に何度でも質問できます。また、すべての講座において基本コースとプラチナコースがあります。プラチナコースは、資格協会から認定されたコースで、添削課題をクリアし、卒業課題を提出すれば、資格が取得できます。自宅で学べるだけでなく、試験も自宅で受けられるのがSARAスクール、諒設計アーキテクトラーニングの魅力です。

ダブル資格に対応している講座も多く、一つの講座で2つの資格が取得できます。初心者からはじめられるわかりやすい教材を使い、1日30分の無理のないカリキュラムで生活のなかに違和感なく学習時間を組み込めるように工夫されています。それぞれの専門家になるには、学び続けることが大切で、モチベーションを高めるために資格があります。

趣味の世界を広げるために。あるいは、資格取得のために。またあるいは、なりたいものになるために。習い事やお稽古に通信教育を利用しませんか。

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

アロマライフインストラクター認定試験の口コミ評判

香りに溢れた生活を 人間生活において香りは非常に重要な役割をはたしております。  芳香剤も非常に多くの種類があり、市場はどんどん活性化し…

ページ上部へ戻る