頼れる頭脳へ「ロジカルシンキングマスター」 口コミ評判

ロジカルシンキング

大人になると特に、感情論を戦わせても意味がないですね。

人は感情の生き物で、物事を決定するのにははじめに「気持ちありき」という場合もあります。ですが大枠を捉えたそのあとは、論理を構築したり、論理的に話すことが出来なければ、仕事やご家庭でも、何ごとも進行し辛いケースが多いのではないでしょうか。

「ロジカルシンキングマスター」の資格について、名称を初めて耳にした方も多いと思うので、まずはその概要について詳しく見ていきましょう。

そして、論理思考のスペシャリストになるなら「ロジカルシンキングマスター」。

はじめに、認定試験は日本生活環境支援協会(JLESA)が行っていますので、ここでご紹介しておきますね。

ロジカルシンキングマスター口コミ評判 — 思考を基礎から構築する

「ロジカルシンキング」は論理的な思考力を身に付け、体系的な会話や文章を成立させるスキル(技術)のことで、ビジネスの場で理論構築に使ったり、就職活動の面接、カバーレターなどに役立てることも可能です。

ふだん講師や教師として活躍している方が、説得力のある話し方に変えていきたいと、スキルアップのために「ロジカルシンキング」を身に付けるケースもあります。

それではまず、「演繹」と「帰納」からご紹介しますが、「なるほど、これを演繹や帰納と呼ぶんだ」とすでに知っていることだと分かるはずですよ!

ビジネスの場でも登場する演繹と帰納は互いが対になる言葉で、「演繹」は設定された前提とそれに付随する推論から答えを導く方法です。

簡単に言うと「○○は○○だから、△△は△△だから、結果的にこうである」といった風に結論を導き出します。

一方で「帰納」は、複数の事実関係を確認しながら、1つの結論を導きだします。

<事実1><事実2><事実3><事実4> … ⇒ 結論

普段何気なく考えていることも、こうして見ていくと各々に考え方の道筋があると分かりますね。

ロジカルシンキングマスターはこちら

ロジカルシンキングマスター口コミ評判 — 知って得するメール術

「ロジカルシンキング」認定試験にはメール術も含まれ、口頭で質問を受けたり、答弁とは関係のない方にも、スキルを提供できます。

今やメールは文書の代わりですので、メールを送付した段階からビジネスの相手を交渉に導ければ勝ったも同然ですよね。

「ロジカルシンキングマスター」認定試験を突破するレベルでは、それまで曖昧だった業務指示をはっきりさせる対策を習得し、社内で起こっている問題の解決や新たな問題提起の際に使える論理的な思考力を求められます。

そして「ロジカルシンキングマスター」取得者なら会社研修や必要な場で、講師として問題の特定や原因を分析し、現状を打破する力を有すると社会的に認められる人材なのです。

ロジカルシンキングマスター口コミ評判 — 問題解決能力は人生にも応用

「ロジカルシンキングマスター」の必要性や水準の高さが分かってきたところで、「ロジカルシンキングマスター」がビジネスの場で功を奏するのはもちろん、日々の生活でも役立ちそうな気がしてきませんか?

「ロジカルシンキング」では、ほかにもマトリックスを使って優先順位をつけるための方法を学んだり、効率的な論理力を活かして現場で役立たせることも可能です。
こうして考えてみても、社会人として生活していく私たちに論理的な思考が必要なのですね。

「ロジカルシンキングマスター」は、「収納マイスター認定試験」や「住まいアドバイザー認定試験」の認定も行っている、日本生活環境支援協会(JLESA)で受験を受付けていますよ。
ロジカルシンキング  ロジカルシンキング

関連記事

通信講座情報

ニードルフェルト羊毛

独立も夢じゃない「羊毛フェルトアドバイザー」 口コミ評判

「羊毛フェルトアドバイザー」は、羊毛フェルトのプロ資格です。 「羊毛フェルト」はニードルフェルトとも呼ばれ、ニードルと呼ばれる専用の針…

ページ上部へ戻る