食育資格人気ランキング

食育

食育に関する資格は、就職への実用性と家庭への貢献が注目され、老若男女問わず人気を集めています。今も食育に関する有資格者は様々な場所で活躍し、新たに資格を取得しようと努力する人で溢れているのです。
しかし食育の資格には多くの種類があり、自分の目標に合ったものでなければ活用しきることができません。食育の資格を人生に取り入れたい人は、まずはランキングからどんな種類があるのか確認してみましょう。

1位:食育健康アドバイザー

食育に対する十分な知識を持ち、活用するだけの技術を持った人は、日本安全食料料理協会が認定する「食育健康アドバイザー」として活動することができます。食育健康アドバイザーとして認定された人には、食育の基本知識はもちろん、生活習慣病など健康への応用も求められます。それらの特殊な知識を用いれば、家庭の食事を向上させることも、食品開発などの仕事に活かすこともできるでしょう。

日本を除いた諸外国の食育も学ぶことになるため、グローバルな活躍を目指す人には食育健康アドバイザーの資格がオススメできます。また資格取得後は自宅やスクールで講師活動を行うこともできるため、身につけた知識を広く伝えたい場合にも役立つでしょう。食育の知識を得た後のことを考えるなら、食育健康アドバイザーの資格が大きなプラスとして働いてくれます。
食育健康アドバイザーはこちら

2位:管理健康栄養インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定する資格試験に合格すれば、「管理健康栄養インストラクター」としての道が開けるでしょう。管理健康栄養インストラクターは食材が持つ栄養の知識に加え、腸内細菌など身体の中に関する健康知識を持つことを証明する資格となります。食育関係の仕事へ就職を目指すのなら、資格取得がたくさんのメリットを与えてくれるでしょう。

資格勉強で手に入れた知識は、食材や食品表示を詳しく見る際に重要なものとなります。日常生活に効果的な栄養を取り入れるためにも、管理健康栄養インストラクターの資格は必要とされるでしょう。向上した食への関心は、資格取得後の講師活動や新たな職場で活かすことができるため、管理健康栄養インストラクターは具体的な目標を持つ人ほど有効な資格といえます。
管理健康栄養インストラクターはこちら

3位:食育インストラクター

少しずつ食育に関する知識を学んでいきたいのなら、日本食育インストラクター協会の「食育インストラクター 」資格がオススメです。食を見直し、食育を実践していく協会の心構えに共感できるのなら、資格取得が人生の大きな転機になるかもしれません。

食育インストラクターは、食育に関する知識の理解度や実践レベルを考慮して資格を5段階に分けています。いきなり難しい問題につまづくことはなく、自分のペースに合わせた資格取得が目指せるでしょう。生活と密接した知識が多いため、楽しみながら学ぶことで学習速度は向上します。ぜひ食育インストラクター1級を取得して、専門知識を武器に社会での活躍を叶えましょう。

4位:食育アドバイザー

福祉や医療、食品業界での活躍を考えているのなら、日本能力開発推進協会が認定する「食育アドバイザー 」の資格を有効に扱えるでしょう。食育の基礎知識や食品の安全性を考える本資格は、仕事で食に関わることが多い人ほどそのメリットを実感できます。

認定教育機関でのカリキュラムを終えたら、在宅での試験に挑みましょう。無事合格できれば食育アドバイザーとして認定されます。認定後は職場や家庭で、存分に認められた知識を振る舞いましょう。新たに加えられた能力を上手に活用できれば、食育によって思い描く人生を実現することもできるはずです。

5位:食育メニュープランナー

年代や体調に応じた食事メニューを考えたり、食材の栄養や特性を学ぶことに興味があるのなら、NPO法人みんなの食育が提供する「食育メニュープランナー 」の資格取得を目指しましょう。実生活に直接活かせる知識が豊富に学べるため、主婦や家庭の食事を任されている男性にこそオススメできます。
食育メニュープランナーの資格取得は、それぞれにぴったりと合った献立の確立を助けます。早めに資格勉強を始めれば、長い人生をよりよく過ごすことにつながるでしょう。食育に少しでも興味をひかれた人は、まず本資格で学びの感覚をつかむのもいいですね。
食育  食育

関連記事

通信講座情報

建築模型

建築模型技工士インストラクター認定試験の口コミ評判

コンピュータ上では表現できない立体模型のリアルさ コンピュータ技術が発達してきており、3Dなどのリアルな建物の表現も …

ページ上部へ戻る