DIY資格人気ランキング

diy

最近、特に耳にすることが多くなったDIYとは、 英語の「Do It Yourself(ドゥ・イット・ユアセルフ)」の略語です。プロではない人が、自分で何かを作製、修繕することをいいます。

テレビなどのメディアでも、たびたび取り上げられ、女性でもDIYに挑戦する方が増えています。その人気は「DIY女子」という言葉や、女性向きに販売された工具が流行するほど。

DIYは、ブックシェルフやウッドデッキなど、自宅をおしゃれにしたいと思う方が、趣味として始める場合も多いと思います。様々なものを製作していく中で、道具の使い方や技術など、もっと高めたいと思うこともあるでしょう。そんな時には本格的な住宅などの補修や改善までできるようにさらに勉強するのも良いですよね。

せっかく勉強するのなら、DIYの資格も取っておけば、講師として人に教えることもできるので、趣味と実益を兼ねて挑戦いてみてはいかがでしょう?

【1位】DIY工作アドバイザー

DIY工作アドバイザーとは、DIYに関する知識、ノコギリなど基本的なDIYに必要な道具の知識があり、家具などの製作方法の指導が的確にできる方に認定される資格。この資格は、日本生活環境支援協会主催の民間資格です。

資格取得後は、講師としてカルチャースクールなどでDIYを教えることができるようになります。他にも、手作りの作品を販売するなど副業としても良いのではないでしょうか。

資格試験は、在宅での受験が可能ですが、人気の資格という事もあり、様々な講座も開かれています。中には、卒業課題を提出することで、試験を免除される講座もあるので、活用してみても良いのでは?

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

DIY工作アドバイザーはこちら

【2位】日曜大工スペシャリスト

この資格は日本デザインプランナー協会(JDP)主催の民間資格です。日曜大工に必要な道具の使い方、床材、壁紙、レンガなどの扱い・製作知識を理解している方に認定されます。

日曜大工に必要な工作知識が得られるので、これからDIYに挑戦してみたいという方にもおすすめです。資格取得後は、学んだ基礎知識を応用して、様々な作品が製作できるようになります。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
日曜大工スペシャリストはこちら

【3位】DIYアドバイザー

DIYアドバイザーは、DIYに関する知識や技術をもとに、正しい指導やアドバイスができる方に認定される資格です。

試験は年に1回。一次試験に合格すると翌年と翌々年の2年間は、一次試験免除の特典があります。

合格率は第一次試験が約45%、第二次試験が約61%、全体では約33%ほど。独学で勉強する方法もありますが、通信教育もあるので活用してみても良いでしょう。この資格の有効期間は5年間で、登録の更新には所定の手続きが必要となります。

受験資格:試験年度の4月1日時点で満18歳以上であること

試験:年に1回(第一次試験8月、第二次試験11月)

受験料:14.040円(消費税込み)

受験方法:在宅受験

資格試験実施要項:日本DIY協会(http://www.diy.or.jp/diy-ad/diy-test/test-guide.html)

DIY  DIY

関連記事

通信講座情報

建築模型

建築模型・住宅模型資格評判ランキング

建築模型・住宅模型資格評判ランキング 住宅やビルの建築には、建築模型というものが使用されているのをご存知でしょうか…

ページ上部へ戻る