POP広告・デザイン資格評判ランキング

通信教育通信講座

POP広告・デザイン資格評判ランキング

街を歩いていて、飾り文字やイラストで綺麗に装飾された店頭の販促用POP広告を見かけると、さぞかし専門的な技術を持った人にしか作れないのだろうと、憧れの気持ちで眺めてしまいます。しかし実は、POPデザインが作れるというのは、元々持ったセンスだけでなく、正しいやり方を学ぶことで誰でもできるようになります。正しいやり方で訴求力のあるPOPが作れるようになります。資格の勉強をして、正しい知識を得ることで、だれでもがPOPライターになれます。POPデザインについて学べる人気の資格を4つご紹介いたします。

1位  POPデザイナー資格

理由:日本デザインプランナー協会が認定する、デザインに対する一定以上の知識・センスを持ち合わせ、レイアウト・配色など、状況にあったデザインが出来ると認められた人へ与えられる資格です。各種広告業界、または販売業など、多岐に渡って活躍できる、非常に実用的な資格です。資格取得後は、培った知識を生かして、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することもできます。2か月に1度実施される認定試験は、在宅で受験することができるので、受験しやすい人気の資格です。
POPデザイナー資格認定試験

2位  POPライターインストラクター資格

理由:日本インストラクター協会主催のPOPライターインストラクターは、ビジネスデザインに関する技術、制作の流れや手法について様々な知識を身につけた人へ認定される資格です。また、資格の学習を進めていくと、様々な種類の広告に応用し、消費者の購買意欲をかきたてるようなビジネスデザインができるようになります。資格取得後は、インストラクター資格を活かして、さまざまな場所で講師活動ができます。自身がPOPライターとして活動できる上に、後輩POPライターを育てるインストラクターになれるのが、この資格の最大の魅力です。資格試験も在宅での受験が可能なので安心です。
POPライターインストラクター資格認定試験

3位  POP広告クリエイター資格

理由:一般社団法人 公開経営指導協会のPOP広告クリエイター技能審査試験に合格すると取得できる資格です。文字やイラストを使って商品の特性をお店のメッセージとして伝えたり、販売を間接的に促進する技術者を目指す人に向けた資格です。受験資格はとくにないので、誰でもが受けることができますが、学科試験のほかに、実際にPOPを制作する実技試験があるので、取得にはPOPについて専門的な知識を学んだ方や、POPの仕事に1年以上携わっている方が有利です。

4位  コトPOPマイスター検定資格

理由:「コトPOP」とはお客様の買いたい!という感情を引き出すことに特化したPOPのことで、コトPOPマイスターとは、日本コトPOPマイスター協会が認定する「コトPOP」に関する日本で唯一の検定試験です。協会の指定する認定講座があるので、そちらを受講することで資格取得できます。認定講座はeラーニング形式ですので、ネット上で学ぶことになります。検定試験もオンラインでの試験ですので、費用さえ払えば、気軽に誰でも受験することができます。「コトPOP」に興味のある方には、手軽に学びやすく取得しやすい環境が整っているのでぜひ挑戦してみるとよいです。

POP広告  POP広告

関連記事

通信講座情報

syunou

収納・片付け資格評判ランキング

収納・片付け資格評判ランキング 収納・片付けが得意で他者にもその技術を伝えたいという方。または、現在は得意ではなく…

ページ上部へ戻る