音楽資格評判ランキング

ongaku

音楽資格評判ランキング

音楽療法という言葉をご存知でしょうか。音楽療法とは、音楽を使って心身の機能の回復、心身の健康維持をはかる療法で、音楽を歌ったり、聞かせたりなど、音楽の持つ力を生かしたリハビリテーションを行って、疾病や障害の回復、生活の質向上が図られています。福祉関係、医療関係の分野で今求められている注目の療法です。悩みを抱えた人、問題の解決に的確なアドバイスをできるようになるためには、深い学習と、資格取得が望ましいといえます。音楽療法について学べる注目の3つの資格をご紹介しますので、これを取得して、一人でも多くの依頼者を快方へ導いてあげてください。

1位  メンタル心理ミュージックアドバイザー資格

理由:日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の、今求められている「心理」の資格であり、さらに音楽の持つ意外な効果や活用方法が学べ、「音」を利用した癒しのプロを目指せる資格です。人間を心の側面から深く学び、ストレスや不安要素などの外的・内的要因が、身体に与える影響を考え、それに対する音楽の力の作用を学びます。音楽との接し方、利用の仕方により、音楽の癒しの効果を最大限に引き出します。さらに、多面的に人間そのものを考え、人間を深く理解し、人間への洞察力を高め、音楽の考え方、利用法と連動させながら様々な場面でアドバイスが出来るようになります。資格取得には、2か月に1度行われる資格認定試験に合格する必要があります。在宅試験ではありますが、内容が専門的ですので、認定スクールにて専門の講座を受けて試験に臨むのがいちばん近道といえます。確実に必要している人がいる最も注目の資格です。
メンタル心理ミュージックアドバイザー資格認定試験

2位  音楽療法インストラクター資格

理由:音楽は集中力を高めるだけでなく、音楽を通して、人と人とのコミュニケーションを図ることができます。音楽は人を癒すことができます。日本インストラクター協会主催の資格、音楽療法インストラクター資格は、日常生活の中で感じる音楽の力について基礎知識を習得して、ライフスタイルの中における音楽の役割、重要性を考えたり、生活の空間における音楽の考え方や、利用法を身につけた人に与えられる資格です。また、この資格の取得後は、自らが学ぶだけでなく、学んだ知識を他者へ伝えていける講師活動を行うことができ、音楽療法をより広く、社会に貢献させていく役割を担った、将来有望な資格です。資格取得には、在宅試験の合格が必要となりますが、2か月に1回のペースで実施されているので、ご自分の学習のペースに合わせて資格取得を目指せるというのが魅力です。
音楽療法インストラクター資格認定試験

3位  音楽療法士資格

理由:日本音楽療法学会が認定している資格です。臨床経験5年以上(音楽を使用した臨床経験2年を含む)を有することが条件であったり、受験資格認定校の大学もしくは専門学校を卒業してなくてはならなかったりと、認定までには道のりは長いですが、生涯をかけて音楽療法に身をささげたいという方には、挑戦をおすすめする資格です。資格取得後は病院、高齢者施設、学校、NPO法人などの医療、福祉、教育機関などにおいて活躍します。臨床経験を必要とする資格であることから、初学者ではなく、すでに医療・福祉などの現場で働く方がキャリアアップに取得するケースが多いです。

音楽療法  音楽療法

関連記事

通信講座情報

盆栽

脳にも効果的!?「盆栽クリエイター」 口コミ評判

「盆栽」は年配者に人気というイメージがありますが、若い世代の間でも静かなブームを呼んで、「盆栽女子(ぼんさいじょし)」ワードも聞かれるように…

ページ上部へ戻る