コーヒーソムリエとは?仕事内容やおすすめの資格について解説

  • URL Copied!

本格的なこだわりのコーヒーを作るためには、コーヒーに関する専門的な知識と経験が不可欠です。

コーヒーソムリエとは、コーヒーの淹れ方を熟知し、それを実践できる人を指します。

コーヒーソムリエとは?

コーヒーの楽しみ方を伝える、楽しむポイントは数多くあるって本当?

コーヒーソムリエとは、コーヒー豆の種類や特徴、コーヒーの淹れ方などの知識・スキルを習得した人を指します。

コーヒーは、味や口触り、香りをしっかりと楽しむものです。

豆の種類や焙煎方法、保存の仕方、コーヒーカップの選び方など、コーヒーを楽しむためのポイントは数多くあります。

お客様に美味しいコーヒーを振る舞うのはもちろんですが、コーヒーのさまざまな楽しみ方を伝えるのも、コーヒーソムリエの仕事のひとつです。

コーヒーソムリエになる方法

コーヒーソムリエとして働いていくには、コーヒーに関する幅広い知識・スキルが必要です。

具体的には、以下のような内容です。

  • コーヒーの歴史
  • 豆の種類や選び方、相性など
  • 豆の違いによる焙煎方法
  • コーヒーの淹れ方
  • コーヒーカップの種類
  • ラテアート

これらの知識を身に付ける方法として、カフェやバリスタの専門学校に通ったり、実際にコーヒー専門店で働きながら勉強していくことが挙げられます。

また、仕事や家事・育児と両立しながらコツコツ学んでいきたい!という人には、通信講座の利用もおすすめです。

コーヒーソムリエの仕事内容・活躍分野

ソムリエが活躍できる場所は?提供する立場から教える立場まで様々な業界がある

毎日コーヒーを飲んでいる」という人は、成人の約7割を占めると言われています。

コーヒーについての専門知識を持つ人材は、多くの場所で求められるようになっています。

バリスタ

バリスタは、カフェや喫茶店でコーヒーを淹れる仕事です。

最近では自動でコーヒーを作れるマシーンが広く普及していますが、人の手で入れるコーヒーには特別な魅力があります。

コーヒーについての知識を深めることで、ただ既存の商品を提供するだけでなく、その淹れ方によって、香りや味をより引き立たせられるようになります。

また、コーヒーを美味しく飲むための環境作りも、バリスタの仕事の一つです。

お洒落で快適な空間の提供や、ときにはトーク力も必要となるかもしれません。

ラテアートなどの技術を磨き、ちょっとした遊び心を大切にするのも良いですね。

バリスタは、コーヒーを通して働く人のモチベーションを作り出したり、日頃の疲れを癒やすことができる、やりがいのある仕事です。

喫茶店経営・講師

新しくお店を開くには、必要な準備が多々あります。

喫茶店の経営には、その準備の一つに「コーヒーについての知識・技術の獲得」も含まれます。

豆の合わせ方や挽き方、淹れ方にこだわった本格的なコーヒーを提供することで、「あの喫茶店では美味しいコーヒーが飲める」「あの喫茶店でしか味わえないコーヒーがある」といった評判が広まり、お店のファンも増えていくでしょう。

また、開業する上で考えるべきポイントとして、利益率を考慮した価格設定や、目玉商品をどのように打ち出すか、ということが挙げられます。

自身の開業経験をもとにして、これから喫茶店を経営したい!という人向けに、経営プランの提案を行う講師としての活動もできます。

コーヒーに関する知識と経営のノウハウを活かすことで、多くの人の喫茶店開業を成功に導くサポートが可能となります。

コーヒーの専門家

コーヒーの魅力・影響力は広く認知されており、コーヒーの専門家という職業もさまざまな場所でニーズが増えています。

コーヒーの専門家の仕事は幅広く、コーヒーに関するあらゆる事業がビジネスの対象となります。

実際にコーヒーを淹れることはもちろん、コーヒーの歴史や魅力、楽しみ方を伝えたり、新しいブレンドを考えたりと、その内容は多岐にわたります。

コーヒーの専門家として、カフェや飲料メーカー向けの講師として活動したり、専門学校への就職も考えられます。

また、コーヒーの専門家を目指すのであれば、コーヒーの種類ごとの特徴や味・香りの違い、煎り方による変化などの知識を身に付けることはもちろんですが、それらを披露する準備も大切です。

コーヒーライターや講師、イベンターとなって、さまざまな形でコーヒーの知識を外に持ち出し、広めていく能力が必要となります。

コーヒーソムリエに向いているのはどんな人?

コーヒー好きなら1つは当てはまる、どんな人が向いている?向いている人の特徴とは?

現在カフェや喫茶店のスタッフとして働いている人は、コーヒーについての知識を身に付けることで自身のスキルアップを目指せます。

これからカフェのスタッフとして働きたい人、喫茶店の経営などを考えている人は、コーヒーに関する専門的な知識が大きな武器となるでしょう。

また、カフェ巡りが趣味であるという人や、毎朝コーヒーを淹れて飲む習慣がある人は、コーヒーについて学ぶことで、より深くコーヒーを味わい、楽しめるようになるでしょう。

  • カフェ・喫茶店のスタッフ
  • コーヒーを取り扱うお店の開業を考えている人
  • 飲食業界で働く人
  • カフェ巡りが好きな人
  • コーヒーを飲む習慣がある人
  • 自宅で美味しいコーヒーを淹れたい人

コーヒーマイスターは、このような人に向いていると言えます。

コーヒーソムリエの代表的な資格

信頼を得るなら資格取得、プロをアピールできる資格は?

コーヒーソムリエとして活動していくには、コーヒーに関する専門的な知識が不可欠です。

その知識の証明としてコーヒーに関する資格を取得しておくことで、その後の活躍の幅を大きく広げられます。

コーヒーソムリエになるのに資格は必須ではありませんが、コーヒーのプロであるという肩書きとして、ぜひ取得しておきましょう!

コーヒーに関する資格にはさまざまなものがあります。

  • コーヒーソムリエ
  • カフェオーナー経営士
  • コーヒースペシャリスト
  • コーヒーマイスター
  • コーヒーコーディネーター
  • コーヒーインストラクター検定

ここでは代表的な6つの資格について、その内容と取得方法をまとめます。

コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエとは、日本安全食料料理協会が認定している民間資格です。

コーヒーの歴史や豆の種類、豆の相性、淹れ方と味の関係などの基礎知識から、コーヒーカップの種類や選び方、ラテアートまで、コーヒーの専門家としての知識・スキルを有する人に与えられる資格です。

コーヒーソムリエの資格を取得するには、添削課題の提出後、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

協会指定のスペシャル講座を受講した場合には、添削課題と卒業課題の提出により、試験免除で取得可能です。

カフェオーナー経営士

カフェオーナー経営士とは、日本安全食料料理協会が認定している民間資格です。

コーヒーについての知識に加え、マーケティングの基礎知識開業計画などについて理解し、それらを実務において活用できるスキルを有する人に与えられる資格です。

カフェオーナー経営士の資格を取得するには、添削課題の提出後、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

協会指定のスペシャル講座を受講した場合には、添削課題と卒業課題の提出により、試験免除で取得可能です。

コーヒースペシャリスト

コーヒースペシャリストとは、日本能力教育促進協会が認定している民間資格です。

豆の挽き方やラテアートの技術ペアリング理論に基づいたスイーツレシピなどの知識を有する人に与えられる資格です。

コーヒースペシャリストの資格を取得するには、指定講座を受講後、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

コーヒーマイスター

コーヒーマイスターとは、日本スペシャルティコーヒー協会が認定している民間資格です。

コーヒーに関するより深い知識と基本技術を習得し、豊かなコーヒー生活を提案できるプロのコーヒーマンとしてのスキルを有する人に与えられる資格です。

コーヒーマイスターの資格を取得するには、協会主催の講座を受講後、試験に合格する必要があります。

コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターとは、日本通信振興協会が認定している民間資格です。

コーヒー豆の知識や焙煎・抽出について、アレンジコーヒーの淹れ方、エスプレッソやラテアートの作り方などの知識を有する人に与えられる資格です。

コーヒーコーディネーターの資格を取得するには、協会指定の講座を受講する必要があります。試験、テストなどはありません。

コーヒーインストラクター検定

コーヒーインストラクター検定とは、全日本コーヒー商工組合連合会が認定している民間資格です。

コーヒーについての正しい知識や鑑定技術など、コーヒーの対面販売に従事する人に必要な知識・スキルを有する人に与えられる資格です。

コーヒーインストラクター検定は、3級、2級、1級、コーヒー鑑定士の4段階に分かれています。

以下では、それぞれの取得方法についてまとめます。

コーヒーインストラクター3級

コーヒーインストラクター3級の検定会は、全日本コーヒー商工組合連合会に加盟している会員企業・賛助会員企業がそれぞれ独自で開催しています。

3級は認定試験がないため、講習会の受講のみで取得できます。

コーヒーインストラクター2級

コーヒーインストラクター2級は、協会主催の講習会を受講後、検定試験の合格によって取得となります。

受験資格は特にないため、3級を取得していなくても受験可能です。

コーヒーインストラクター1級

コーヒーインストラクター1級は、協会主催の講習会を受講後、検定試験に合格することで取得できます。

1級を受験するには、2級の有資格者である必要があります。

コーヒー鑑定士

コーヒー鑑定士の検定試験は、商品設計生豆鑑定品質管理の3教科に分かれています。

それぞれの試験に合格することで、「商品設計マスター」「生豆鑑定マスター」「品質管理マスター」を取得できます。

これら3つの全てを取得すると、コーヒー鑑定士の資格が認定されます。

また、コーヒー鑑定士の受験資格として、コーヒーインストラクター1級の有資格者であることが必要です。

コーヒーソムリエにおすすめの資格は?

初心者でも安心、メールで質問もできる!?おすすめの2資格をご紹介

これからコーヒーソムリエとして活動していきたい!という人には、「コーヒーソムリエ」「カフェオーナー経営士」の2つの資格が特におすすめです。

コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエの資格では、コーヒーの基礎知識はもちろんですが、コーヒーの歴史やコーヒーカップの選び方などに関する知識も学習範囲となっています。

コーヒーソムリエとしてコーヒーの魅力を伝えていく上で、その引き出しは多いに越したことはありません。

コーヒーを淹れる・味わうといったことだけでなく、コーヒーが発展してきた背景を知ったり、コーヒーカップの種類や選び方についても知識を深めることで、コーヒーを更に楽しんでもらえるような会話や提案が可能になります。

カフェオーナー経営士

また、カフェオーナー経営士では、コーヒーの基礎知識に加えてマーケティングの知識、開業計画についても習得していきます。

コーヒーに関する仕事をしている人であれば、カフェや喫茶店の経営を夢見る人は少なくありません。

自身の開業に役立てるのはもちろん、これから経営に挑戦したい!という人に対して開業プランの提案やサポートも可能です。

コーヒーのプロとしての講師活動を考えている人にとっても、カフェ経営の知識は大きな武器となります。

例えば、コーヒーについて学べるセミナーの中で、経営のノウハウについての講義も組み込むことで、他のコーヒーセミナーとの差別化も図れるでしょう。

コーヒーマイスターとして活動していく上で、カフェ経営の知識を身に付けておいて損はないです。

「コーヒーマイスター」「カフェオーナー経営士」の資格を取得したい!という人には、こちらの講座がおすすめです!

カフェW資格取得講座(諒アーキテクトラーニング)

カフェW資格取得講座は「コーヒーマイスター」「カフェオーナー経営士」の2資格の取得を目指す、諒(りょう)アーキテクトラーニングの通信講座です。

諒アーキテクトラーニングの講座では、資格協会認定の教材が使用されています。

テキストや講座内容の分かりやすさには定評があり、初心者でも安心して資格勉強を始められます。

1日30分、約半年間の学習で資格が取得できます。

まとまった時間がとれる場合は、最短2ヶ月での取得も可能です。

カフェW資格取得講座は、通常講座スペシャル講座の2つに分かれています。

通常講座では、添削課題の提出後に「コーヒーマイスター」「カフェオーナー経営士」のそれぞれの試験に合格することで資格取得となります。

スペシャル講座は各協会認定の特別カリキュラムとなっており、添削課題と卒業課題の提出によって、試験免除で2資格を同時に取得できます。

どちらの資格も確実に取得したい!という人は、スペシャル講座の受講をおすすめします!

カフェW資格取得講座

通常講座添削課題の提出後、それぞれの試験に合格することで資格取得受講料:68,000円(税込)
スペシャル講座添削課題+卒業課題の提出により、試験免除で2資格取得受講料:88,000円(税込)

また、カフェW資格取得講座の教材にコーヒーメーカーやサイフォンなどがセットとなった「カフェオーナーW資格取得講座」も選択できます。

こちらも講座や教材の内容、仕組みはカフェW資格取得講座と全て同じです。

カフェオーナーW資格取得講座(コーヒーメーカー、コーヒーサイフォン付き)

通常講座添削課題の提出後、それぞれの試験に合格することで資格取得受講料:95,000円(税込)
スペシャル講座添削課題+卒業課題の提出により、試験免除で2資格取得受講料:115,000円(税込)

カフェオーナー資格取得講座(SARAスクールジャパン)

カフェオーナー資格取得講座は「コーヒーマイスター」「カフェオーナー経営士」の2資格の取得を目指す、SARAの通信講座です。

SARAスクールジャパン は女性のための資格スクールです。

仕事をしながら、子育てをしながら、1日30分の隙間時間を使って資格取得を目指せます。

SARAは毎日忙しい女性たちのため、資格勉強のサポート体制を充実させています。

学習内容で分からないことがあれば、いつでもメールにて専属スタッフに質問できます。

受講期間中は、何度質問しても料金がかかりません。

翌営業日中に回答が送られてくるため、仕事や家事・育児と両立しながら勉強している人でも、つまずくことなくスムーズに学習を進められるのが嬉しいですね。

カフェオーナー資格取得講座は、基本コースプラチナコースに分かれています。

基本コースでは、添削課題の提出後に「コーヒーマイスター」「カフェオーナー経営士」のそれぞれの試験に自分で申し込みをして、試験に合格することで資格取得となります。

プラチナコースは各協会認定の特別カリキュラムとなっており、添削課題と卒業課題の提出によって、試験免除で2資格を同時に取得できます。

受講料は基本コースの方が安く設定されていますが、基本コースを選択した場合、各資格ごとに10,000円(税込)の受験料が必要となります。

最終的に必要な金額が変わらないのであれば、試験の手間もなく、確実に2つの資格を取得できるプラチナコースが断然おすすめです!

カフェオーナー資格取得講座

基本コース添削課題の提出後、それぞれの試験に合格することで資格取得受講料:95,000円
プラチナコース添削課題+卒業課題の提出により、試験免除で2資格取得受講料:115,000円

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!