紅茶マイスター資格とは?おすすめ資格や仕事への活かし方を解説

  • URL Copied!

ストレスの多い現代社会において、紅茶マイスターがもたらす癒し効果が注目されています。

紅茶マイスターの知識を活かせる仕事とはどんなものか、知識をしっかりと学べる資格にはどんなものがあるのかについて紹介します。

紅茶マイスターがもたらす効果

様々な効果のある紅茶、状況に応じて使い分けるマイスター

紅茶が大好きで、趣味にしているという方も多いのではないでしょうか。

紅茶は、おいしい飲み物であるというのはもちろんですが、他にもいくつかのメリットがあります。

例えば、紅茶に含まれているカフェインの効果があります。含有量はコーヒーほど多くはありませんが、カフェインを含む紅茶は多いです。

紅茶に含まれるカフェインを摂取することにより、眠気を覚ます効果が期待できます。また、カフェインには胃液の分泌を促して消化を促進するという作用もあります。

紅茶は、よく食後に飲むケースが多いのですが、これは大変理にかなった利用方法です。食事をして体に取り入れた食物の消化を助け、促進してくれる作用が期待できます。

また、紅茶には美容の効果も期待できることが立証されています。紅茶には、ポリフェノールが含まれており、エイジングケアの効果があります。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、肌の酸化を抑制することでシミの発生を抑える効果が期待できます。肌におけるトラブルの発生を抑えてくれます。

さらに、紅茶には香りによる様々な効果があります。紅茶の葉によって様々な香りが発せられ、それぞれに個別の効用があります。

紅茶の種類は非常に多岐にわたり、200種類以上あるとも言われています。ダージリンなどのインド産の葉、セイロンティーに代表されるスリランカ産の葉、インドネシアのジャワティー、中国のキーマンなどが有名です。

発せられる香りは個性があり、状況に応じて使い分けたり、お気に入りの香りの葉を見つけたりなど、楽しみ方は色々です。

紅茶の香りでリラックス効果が得られることも分っています。紅茶の葉はそれぞれ個性があるものの、総じてさわやかで奥ゆかしい、落ち着いた香りがします。

紅茶を飲むと、この香りの影響でリラックス効果を得られるとされています。

紅茶は、海外では古代から利用されてきたといわれています。日本には明治時代にヨーロッパから持ち込まれたのが最初だとされています。

今や日本における紅茶文化は非常に広がりを見せ、毎日食後に紅茶を飲む習慣というのも珍しいことではなくなりました。

このような状況の中、紅茶の専門家として活動する紅茶マイスターが注目を集めています。様々な効果を持つ紅茶を状況に応じて使い分け、正しい淹れ方や飲み方を周囲に伝承できる専門家です。

紅茶マイスターとして知っておきたいこと

紅茶マイスターとして活躍するために必須の資格はありません。紅茶マイスターにかかる国家資格はなく、紅茶関連の民間資格が用意されています。

しかし、もし紅茶マイスターとして講師活動をするなど、仕事として取り扱う場合は、資格を保有している方が信頼感につながります。

紅茶マイスターとして活躍するうえで、ぜひ知っておきたいことといえば、以下のようなポイントです。

  • 紅茶の基本(種類とそれぞれの特徴)
  • 茶器
  • 空間の雰囲気づくり

紅茶は、その種類は多岐にわたります。大きくインド・スリランカ・中国・インドネシアなど発祥場所により分類できますが、それぞれの発祥場所ごとに様々な紅茶が存在します。

紅茶の葉の種類及びその特徴を知れば知るほど紅茶マイスターとして従事する際の財産となります。紅茶マイスターとして紅茶を推薦する場合、紅茶の種類のことをたくさん知っていて損をすることはありません。

また、紅茶だけでなく紅茶をふるまうための茶器についても知っておきたいところです。

紅茶の香りや味わいにフィットする見た目の茶器をうまく提案することで、より信頼感が高まります。

紅茶の生産地ごとに、茶器も使い分けられるのが理想的です。

さらに、紅茶をたしなむ空間の雰囲気づくりについても配慮したいところです。

紅茶を楽しむ部屋の選択、インテリアに用いるアイテムの選定、照明の具合など、雰囲気を作るために考えるべき要素はたくさんあります。

空間の雰囲気が良くなると、紅茶の味わいもおいしく感じるものです。紅茶マイスターとして活躍するためには、紅茶の知識だけでなく、こだわるべきポイントがあります。

紅茶マイスターの知識を活かせる仕事・場面とは?

マイスターが活躍できる場所は?普段の生活以外でも活躍できる業界がある

紅茶マイスターの知識を活かせる仕事や場面とは、どのようなものがあるのでしょうか。紅茶を趣味にしている人も多く、さらに趣味を充実させる目的で紅茶マイスターの知識を取り入れる方も多いです。

しかし、紅茶は種類も多く奥が深いので、資格を取得してエキスパートとして活躍する道も大いに開けています。

紅茶マイスターの知識を活かせる仕事や場面の代表例を以下に4つ紹介します。

  • ティールームなどの専門店
  • カフェ・飲食店
  • 普段の生活で優雅なひと時
  • 講師

ティールームなどの専門店

紅茶マイスターの知識を活かして、ティールームや紅茶専門店の経営に挑戦したり、スタッフとして働くなどの道があります。

ティールームとは、喫茶室といって小規模な喫茶店のことを指します。

コーヒーをふるまう店も多いのですが、紅茶専門のティールームも需要が大きく人気があります。

また、近年はお茶の葉を販売する専門店も増えてきています。種類の多い紅茶を集めて販売し、来店者一人一人に合った紅茶を推薦してくれるような専門店が人気になっています。

紅茶の正しい楽しみ方、種類の多さと特徴に精通したマイスターがいる専門店は、紅茶を趣味にしている方にとっては、足しげく通いたくなるほどの魅力のある店舗になるでしょう。

カフェ・飲食店

紅茶マイスターの知識は、カフェや飲食店で大活躍します。

カフェを訪れたお客様に、おすすめの紅茶をチョイスしてあげたり、おしゃれなレストランなどで食後の紅茶をふるまったりするケースが考えられます。

食後にどの紅茶を飲んだら良いのかわからないと悩むお客様に、専門家の目線から紅茶の解説をしつつ、おすすめを紹介できます。お客様との信頼関係にもつながり、非常に効果的に知識を活かせます。

また、これまでコーヒーをメインにふるまってきたカフェ経営者の方にも、紅茶マイスターの知識はおすすめです。

コーヒーだけでなく、新しい取り組みとして紅茶を提供することで、顧客層の拡大を目指せます。

紅茶マイスターの知識は、すぐに使える実践的な内容なので、得た知識を効果的に店舗経営に取り入れていけるでしょう。

普段の生活で優雅なひと時

紅茶マイスターの知識は、仕事に活かすだけでなく、日常生活の中で趣味としての活用も可能です。

紅茶マイスターの学習をすると、あらゆる種類の紅茶の特徴や性質について理解を深められます。状況に応じた紅茶をチョイスして、少し優雅なひと時を楽しめます。

普段の昼食後に、テーブルをきれいに片づけた後、落ち着く香りの紅茶を飲みながら会話を楽しんでみてください。とても優雅でリラックスできる、贅沢な時間を過ごせます。

普段の生活にゆとりと落ち着きを取り入れたい方に、紅茶マイスターの知識は大変おすすめです。精神的にリラックスできる時間が手に入るかもしれません。

講師

紅茶マイスターの知識を持って、カルチャースクールなどの講師として活躍する道があります。

現代はあらゆる分野のカルチャースクールがあり、趣味を求める方々が利用しています。紅茶に関するカルチャースクールのカリキュラムも人気講座の一つです。

紅茶に関する知識は奥深い部分があるので、資格を取得して専門的なレベルで講義ができれば、受講生からの信頼を集められるでしょう。

最近はSNSも普及しており、オンライン上で紅茶マイスターの知識を活かし、情報発信をする方法もあります。

紅茶を趣味にする方が増えてきている状況の中、紅茶専門の講師として活躍することには安定したニーズが見込まれるので、紅茶マイスターとして活躍したい方にはおすすめの道といえます。

紅茶マイスターに向いている人

紅茶の良さを伝える仕事。どんな人が向いている?向いている人の特徴とは?

紅茶マイスターに向いている人とは、どんな人でしょうか。紅茶が好きで普段から利用していることはもちろんのこと、他にも紅茶マイスターの知識を活かすのに適した性格や性質があります。

一般的に紅茶マイスターに向いていると考えられている人を、以下に3項目紹介します。

  • おしゃべりが好きな人
  • コーヒーに加え紅茶をメニューに取り入れたいカフェ経営者
  • 紅茶の魅力をとことん理解し、伝えたい人

おしゃべりが好きな人

紅茶を飲む楽しさは人それぞれですが、おいしい紅茶でリラックスしながら、気心の知れた仲間とおしゃべりをするのが楽しみという方も多いのではないでしょうか。

紅茶マイスターは、おしゃべりが好きな人に向いています。紅茶マイスターになって、紅茶の良さを伝えるのも、もともとお話をするのが好きな人のほうが適しているのです。

親しみを感じられる話し方、落ち着いてリラックスできる会話ができる人のほうが、紅茶マイスターとして信頼され、活躍できるでしょう。

紅茶のリラックス効果をより高めるために、会話のことも考えてみることをおすすめします。

コーヒーに加え紅茶をメニューに取り入れたいカフェ経営者

コーヒー専門のカフェや喫茶店を経営している個人経営者には、紅茶マイスターの知識と取り入れて、紅茶をメニューに増やすことをおすすめします。

喫茶店を利用する目的は、コーヒーか紅茶であることが多いため、その両方が楽しめる店舗は人気が出やすいです。

コーヒーと紅茶を提供するのは、似ていると思われがちですが、実はかなり違います。

コーヒーに関する専門知識を得た方にとっては、紅茶の特徴や正しい提供の仕方を理解する中で、新しい世界が開けるでしょう。

これまで培ってきたコーヒーの知識に、紅茶の知識をプラスして、より魅力ある店舗に発展させるよう挑戦してみてください。

紅茶の魅力をとことん理解し、伝えたい人

紅茶マイスターになるには、紅茶のことが好きで、紅茶の魅力を十分に理解していることが最低条件といえます。

紅茶のことを愛し、自身も紅茶を普段からたしなみ、そこで得た知識や紅茶の魅力を他の人にも伝えたいと思っている人が紅茶マイスターに向いています。

自分が好きなものだからこそ、周りに勧める際に説得力を持って伝えられるというものです。

紅茶が好きで、その魅力を他の人とも分かち合いたいと思っている人は、ぜひ紅茶マイスターの資格取得を目指し、より専門的な知識を獲得して周りに広めていってください。

紅茶マイスターの代表的な資格

沢山の資格がある。自身の目的にあった資格をチェック

紅茶マイスターに関連する民間資格はいくつかあります。

いずれも紅茶そのものに関する知識や、紅茶のおいしい楽しみ方を学べる内容になっていますが、その中でも特におすすめできる代表的な資格を3つ紹介します。

  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶マイスター
  • ティーインストラクター

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーは、日本安全食料料理協会が実施する民間の資格試験で、紅茶の葉に関する歴史などの知識など、紅茶に関する基礎的な知識が得られます。

紅茶マイスター

紅茶マイスター資格も、日本安全食料料理協会が実施する民間の資格試験で、紅茶に関する基礎的な知識はもちろんのこと、紅茶専門店のオーナーとして活躍するために必要となる知識が問われます。

ティーインストラクター

ティーインストラクター資格は、日本紅茶協会が提供する民間の資格試験です。日本紅茶協会が定める規定の30単位を取得し、そのうえで資格試験を受験し合格することで資格が得られます。

資格にはグレードがあり、最初はジュニアとなります。5年の実務経験を経るなど条件をクリアした人は、資格試験を受験してシニアとして認定されます。さらに上位のマスターが最上位グレードとなります。

カリキュラムをこなす中で、座学だけでなく、実技も学習することになります。実践力が非常に高まる資格ですが、他の資格に比べて時間と費用がかかります。

どの資格がおすすめか

最短2ヵ月、確実に取得できる!?おすすめの2資格ご紹介

紅茶関連の資格のうち、学習内容と取得のしやすさから考えて、おすすめしたいのは以下の2つです。

  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶マイスター

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーは、日本安全食料料理協会が実施する民間の資格試験です。在宅で受験ができる学科試験に合格することで資格が得られます。

試験で問われる内容は、紅茶の葉に関する歴史などの知識、カップやソーサーに関すること、おいしく正しい紅茶の淹れ方、オリジナルのブレンドをする際の注意点とコツなどが挙げられます。紅茶に関する基礎的な知識が問われます。

資格取得後は、カルチャースクールなどで講師として活動する道が開けます。資格試験で学べる内容は基礎的な部分になるため、資格取得後も積極的に紅茶に関する知識獲得に向けて努力することが求められます。

紅茶マイスター

紅茶マイスター資格も、紅茶アドバイザーと同様、日本安全食料料理協会が実施する民間の資格試験です。自宅で受験することが可能な学科試験に合格することで資格を得られます。

紅茶マイスター資格では、紅茶に関する基礎的な知識はもちろんのこと、紅茶専門店のオーナーとして活躍するために必要となる知識が問われます。

多岐にわたる紅茶の種類をしっかりと理解し、特徴を説明できる能力が必要となります。

実践的な内容も多いので、資格取得後は専門店経営や飲食店での勤務にすぐに役立てられる知識が得られます。

おすすめ資格取得を目指すならこちらの講座!

紅茶マイスターとして活躍するためにおすすめの資格を紹介しました。

これらの資格取得を目指す際にぴったりの講座があります。

  • 紅茶ア諒設計アーキテクトラーニング
  • SARAスクール

諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは、紅茶マイスター資格紅茶アドバイザー資格2つの資格取得を同時に目指せます。

紅茶に関して全く知らない方でも、通信講座の形で郵送されてくる課題をこなすことで、6か月間で十分に理解を深められ、資格取得のレベルに到達できます。

最短2か月でこなせる内容量となっているので、早めに資格の取得を達成したい方にもおすすめです。

通常講座スペシャル講座の2種類の用意がありますが、スペシャル講座を利用したほうが効率よく資格取得を目指せるのでおすすめです。

<講座の種類>

講座種類受講料特徴
通常講座59,800円(税込)
スペシャル講座79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

スペシャル講座のほうが費用は2万円高くなりますが、課題をこなして卒業する際に、無試験で2つの資格を獲得できるのは大きなメリットです。

受験料はそれぞれ1万円であり、実質の負担は同じなので、スムーズな資格取得を目指すのなら、スペシャル講座の方が断然おすすめです。

SARAスクール

SARAスクールでも同様に2種類の資格取得を同時に目指せます。

すべて通信講座の形式で、自宅に届けられる教材をこなし、返送して添削を受けるのが一般的な流れになります。

SARAスクールの講座は、基本コースプラチナコースの2種類の用意がありますが、後者のプラチナコースの利用の方が断然おすすめです。

<講座の種類>

講座種類受講料特徴
基本コース59,800円(税込)
プラチナコース79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

プラチナコースのほうが受講料が2万円高くなりますが、課題を終えると同時に試験を受けることなく2つの資格を取得できます。

試験を普通に受けた際の受験料がそれぞれ1万円なので、費用負担はほぼ同様です。確実に資格取得が達成できるので、プラチナコースのほうがおすすめです。

紅茶マイスターの知識でゆとりある生活を楽しもう

紅茶マイスターの知識を活かし、紅茶を利用した素敵なリラックスタイムを過ごすポイントが理解できます。

紅茶を普段から好んでいる方、生活にゆとりが欲しいと考えている方は、ぜひ紅茶マイスター関連の資格取得に挑戦してみてください。

おすすめの資格は、以下の2つです。

  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶マイスター

スムーズに資格取得が達成できるおすすめの講座もあるので、ぜひ活用して資格取得を目指しましょう。

紅茶を利用して生活にゆとりを取り入れながら、周りの人にも紅茶の魅力を伝えていってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!