ピラティスインストラクターって何?必要な資格や仕事内容を解説

  • URL Copied!
  • ピラティスインストラクターにはどうしたらなれるの?
  • ピラティスインストラクターは、仕事に役立つ?

当記事では、上記のような疑問についてどこよりも解りやすく解説していきます。

【内容をまとめると】

  • ピラティスインストラクターは、身体のバランスを整え健康に導く知識を有したピラティスのエキスパート
  • ピラティスインストラクターとしての知識は、独学でも学習可能だが、安全にピラティスを行う為にはスクールや通信講座で学習することがおすすめ
  • おすすめの資格は「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の2資格
  • SARAスクールジャパン・諒設計アーキテクトラーニングでは「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の2資格が同時取得できる!

それでは、早速みていきましょう。

ピラティスインストラクターとは、身体のバランスを整えるピラティスのエキスパート

ピラティスインストラクターとは、その名の通りピラティスを用いて、身体のバランスを整える知識を有した、いわばピラティスのエキスパートのことです。

ピラティスは、100年以上昔にドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が考案しました。

もともとは、第一次世界大戦時に負傷した兵士のリハビリやエクササイズの為に考案された技術で、身体に負担をかけることなく、強く健康的でしなやかな肉体を付けられるという特徴があります。

また、身体のバランスを整えるのみではなく、深い深呼吸を用いたピラティスは、交感神経を大きく刺激し、ストレス解消や、心の緊張を和らげる効果も期待できるでしょう。

現在では、モデルやアスリートをはじめ、健康的な身体を求める中高年まで、世界中で1700万人以上の人が日常的に実践しています。

現代社会では、長時間座りながら仕事をしている方が多い事から、身体の歪みによる体調不良を抱える方が大勢います。

また、ストレス社会で心身の不調を抱える方も多い事から、ピラティスの需要は非常に高いのが現状です。

ピラティスインストラクターとしての知識を得ることによって、自身の体調不良の緩和やストレス発散、そしてインストラクターとして社会で活躍することも可能です

今後更に、ピラティスインストラクターの需要は高まることが予想される為、是非この機会にピラティスインストラクターとしての知識を深めておきましょう。

ピラティスインストラクターになる方法や、効果的な勉強法とは?

それでは、実際にピラティスインストラクターになる為には、どのような勉強をしていけば良いのでしょうか。

ピラティスインストラクターになる為には、国家資格を取得する必要はなく、ピラティスに関する深い知識や技術を得た方であれば、ピラティスインストラクターを名乗れます。

具体的には、下記の様な知識や技術を習得する必要があるでしょう。

【ピラティスインストラクターに必要な知識】

  • ピラティスの基本原則
  • ピラティスの基礎知識
  • 屈曲・伸展・肩や腕の運動について
  • 集中力を高める方法
  • 呼吸法
  • 体の動かし方
  • 初心者の為のピラティス
  • プレピラティス
  • ピラティスエクササイズ
  • ピラティスエクササイズの種類
  • ピラティス後のストレッチ方法

極端に言って、上記の事項を全て習得していれば、独学であってもピラティスインストラクターと名乗る事も可能です。

しかし、ピラティスインストラクターとして沢山の方にピラティスを教える為には、自身は勿論、生徒にも安全で正確なピラティスを教える必要があります。

万が一、独学で学んだ知識でピラティス教室を開き、生徒の体調に不具合が生じた際には大問題になってしまうでしょう。

このような事態を避けるためにも、ピラティスインストラクターとしての知識は、スクールや通信講座で学習する事をおすすめします。

スクールでは、実際にプロのピラティスインストラクターから実践的な知識を教えて貰えると言う特徴があります。

しかし、その一方で、短期間での習得が難しく、スクールに通う必要もある為、現在仕事中の片や育児で忙しい方が通い続けるのは困難でしょう。

通信講座は、自宅で1日30分から気軽に学習できるというメリットがあります。

プロの講師の直接指導は受けられませんが、昨今ではプロの講師が監修した非常に解りやすいテキストで学習できる通信講座も増えています。

ご自身のニーズに合わせて、安全にピラティスを行える方法を学んでみてください。

ピラティスインストラクターの肩書が役立つ仕事内容とは?活躍分野をご紹介

ピラティスインストラクターとして得た知識は、ご自身の健康管理や趣味としてのみではなく、仕事として活かすことも可能です。

下記に、ピラティスインストラクターとして活躍できる仕事内容をまとめましたのでご覧ください。

【ピラティスインストラクターの仕事】

  • インストラクターとしてスタジオ勤務
  • スクール講師として活躍
  • 独立開業する

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

インストラクターとしてスタジオ勤務

ピラティスインストラクターとして得た知識を活かすことで、インストラクターとしてジムやスタジオで活躍できます。

ピラティスの専門スタジオは勿論ですが、昨今では通常のジムでもトレーニングやフィットネスの一環としてピラティスを取り入れるスタジオも多くなってきました。

初級者から上級者まで、幅広い生徒に指導ができるインストラクターになれると、更に活躍の場は広がるでしょう!

スクール講師として活躍

次世代のピラティスインストラクターを、養成するスクールの講師として活躍する方法もあります。

インストラクターとして生徒を持つよりも高い技術やレベルが求められますが、常に新しい知識を取り入れて指導していくため、自身のスキルアップにも繋がるでしょう。

独立開業する

ピラティスインストラクターとして講師活動を行い、ある程度の知識や知名度をつけると自身の講座や教室を開業する方もいます。

人気講師として活躍できれば、大きく稼げる可能性もあるでしょう。

ピラティスインストラクターの素質とは?

ピラティスインストラクターの知識は、趣味や仕事に活かせる大変魅力的な知識ですが、ある程度ピラティスインストラクターとしての素質がないと、せっかく得た知識も宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

下記に、ピラティスインストラクターとしての素質をまとめましたので、参考にしてください。

【ピラティスインストラクターの素質】

  • 運動の楽しさを知っている
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自己管理ができる
  • いつも明るくハツラツとしている
  • 健康に対しての意識が高い

上記のいずれかを満たす方は、ピラティスインストラクターとしての素質があるといっても良いでしょう。

ピラティスインストラクターをはじめとしたインストラクターは、元々運動の楽しさを知っており、学校の運動会等で活躍してきた方が圧倒的大多数を占めます。

このような方は、若いころから運動をする習慣がついており、インストラクターとしてのモチベーションを失う事はありません。

しかし、全ての人が該当する訳ではありませんが、運動が元々苦手であったり嫌いな方は、どうしても毎日インストラクターとして活躍していくモチベーションが保つのが難しくなります。

またインストラクターとして活躍する為には、自己管理も大切です。

自身に置き換えて考えると、不摂生で太ったインストラクターや、体調不良で青白いインストラクターにレッスンを教えてもらうよりも、健康的でハツラツとしたインストラクターのレッスンを受けたいものですよね。

上記の理由から、インストラクターには常に健康的である自覚も必要です。

ピラティスインストラクターの代表的な資格

続いて、ピラティスインストラクターの代表的な資格をご紹介していきます。

ピラティスインストラクターとしての知識を個人で楽しむのであれば、特段資格は必要がないかもしれません。

しかし、ピラティスインストラクターとして社会で活躍していきたいと考えるのであれば、資格を得ておいた方が有利でしょう。

なぜなら、資格がある方が就職にも有利ですし、講演会などでピラティスの知識を教える際、資格がある方が言葉に信ぴょう性や重みが生まれます。

実際に、ピラティスインストラクターとして社会で活躍している方の約9割が、資格取得者であるのが現状です。

下記に、代表的な資格をまとめましたので参考にしてください。

  • JAPICA 日本ピラティス指導者協会
  • FTP Japan
  • ピラティスセラピスト
  • ピラティスインストラクター

それぞれ簡単に解説していきましょう。

JAPICA 日本ピラティス指導者協会

一人ひとりの身体の体調や、ニーズに合った細かい対応ができる事を証明する、日本ピラティス指導者協会の資格

FTP Japan

ピラティス氏の伝統を受け継いだ歴史のあるピラティスを学べるFTPの資格。マットピラティスとマタニティピラティスの資格が取得できる

ピラティスセラピスト

ピラティスに関する基本的な知識を有していることを認定する、日本メディカル心理セラピー協会の認定資格

ピラティスインストラクター

ピラティスインストラクターとして、ストレッチやエクササイズの基本的な知識を有している事を認定する、日本インストラクター技術協会の認定資格

おすすめな資格は「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の2資格

ここまで、ピラティスインストラクターとしての適性や、代表的な資格について解説していきました。

ピラティスの資格の価格や学習方法は様々で、実技訓練が必要な資格であると資格取得までに数十万円から数百万円の費用がかかるケースもあります。

また、資格取得までの期間も半年以上かかるケースがあるので、すぐに仕事に資格を活用したい方には、あまりこのような資格はおすすめできません。

ピラティスの資格を比較的リーズナブルに短期間で取得したいのであれば、日本メディカル心理セラピー協会「ピラティスセラピスト」資格・日本インストラクター技術協会「ピラティスインストラクター」資格がおすすめです。

下記に、それぞれの資格の特徴をまとめましたので参考にしてください。

日本メディカル心理セラピー協会「ピラティスセラピスト」資格

ピラティスセラピスト資格は、学習から試験まで全て在宅で行えるピラティスの資格です。

ピラティスの基礎や心のコントロール方法をはじめ、呼吸法について深く学べます。

受験料は10,000円で、資格試験は3ヵ月に一回程度の頻度で開催されています。

資格取得後は、ピラティスセラピストとして自宅やカルチャースクールでの活躍が期待できるでしょう。

日本インストラクター技術協会「ピラティスインストラクター」資格

ピラティスインストラクター資格も、ピラティスセラピストと同様に学習から試験まで全て在宅で行えます。

インストラクターとしてピラティスの知識のみではなく、初心者向けのエクササイズの方法やストレッチ方法まで深く学習できます。

資格の取得後は、スタジオやジム等で講師活動が可能です。

受験料は10,000円で、資格試験は3ヵ月に一回程度の頻度で開催されています。

「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」資格は2資格同時取得が可能!

「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の資格は、現在同時取得が可能な講座が開講しています。

最短2か月という短い期間で確実に資格を取得できる講座もあるため、是非参考にしてください。

2資格同時取得は、下記の通信講座で実施しています。

【2資格同時取得が可能な講座】

  • SARAスクールジャパン「ピラティスコース」
  • 諒設計アーキテクトラーニング 「ピラティスセラピストW資格取得講座」

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

ピラティス資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの「 ピラティス資格取得講座 」では「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の同時取得が可能です。

SARAスクールジャパンは、女性の為の資格に特化した通信講座で、1日30分から自宅で資格取得に挑戦できます。

「ピラティスコース」には、2つのコースが用意されており、ニーズに合わせて好きなコースが選択可能です。

下記に、それぞれのコースの特徴をまとめましたので、参考にしてください。

  • 基本コース・・・初期費用を抑えたい方におすすめの教材学習・試験対策コース。資格取得まで最短で3ヵ月の期間を要する。
  • プラチナコース・・・教材学習・試験対策・卒業試験が含まれたコース。卒業試験を提出すると、資格試験が免除され、確実に資格が取得できる。資格取得までに最短1ヵ月の期間を要する。

それぞれのコースで料金は異なりますが、プラチナコースでは資格試験免除であるため、100%「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」資格が取得できます。

短期間で確実に資格を取得したい方や、すぐにでもピラティスの知識を仕事に活かしたい方は、是非プラチナコースを検討してみてください。

項目ピラティス基本コースピラティスプラチナコース
受講料59,800円79,800円
期間6か月(最短3か月)6か月(最短1か月)
添削5回5回+卒業課題1回
講座内容ガイドブック受講証受講カード学習テキスト01学習テキスト02練習問題集/解答模擬試験/解答添削課題質問用紙封筒ガイドブック受講証受講カード学習テキスト01学習テキスト02練習問題集/解答模擬試験/解答添削課題質問用紙封筒卒業課題

「ピラティスセラピストW資格取得講座」 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでも、「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の2資格が同時取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングは、ゼネラルリサーチ調査で2年連続で品質の高い通信講座第一位を取得した実績がある通信講座です。

テキストは全てオリジナル教材となっており、プロが監修した解りやすい内容である為、現在ピラティスの知識が一切ない方でも、資格取得に挑戦できるでしょう。

下記に、諒設計アーキテクトラーニング「ピラティスセラピストW資格取得講座」の概要をまとめましたので、ご覧ください。

項目基本講座スペシャル講座
受講料59,800円(分割3,300円×20回)79,800円(分割3,800円×24回)
期間6か月(最短2か月)6か月(最短2か月)
添削5回5回+卒業課題1回(資格試験免除)
講座内容受講証受講マニュアル完全攻略テキスト2冊練習問題集/解答用紙練習問題解答集模擬試験/解答用紙模擬試験解答集添削課題/提出用解答用紙質問用紙封筒受講証受講マニュアル完全攻略テキスト2冊練習問題集/解答用紙練習問題解答集模擬試験/解答用紙模擬試験解答集添削課題/提出用解答用紙質問用紙封筒卒業試験

上記の表からも解るように、諒設計アーキテクトラーニングの「ピラティスセラピストW資格取得講座」には、2種類の講座があります。

基本講座では、完全攻略マニュアルや練習問題を用いて、資格取得を目指していく資格対策コースです。

料金は59,800円と比較的リーズナブルな価格で、資格取得を目指せます。

出来るだけ初期費用を抑えたい方は、基本講座を選択しましょう。

一方で、スペシャル講座は、完全攻略テキストや練習問題に加えて、卒業試験がカリキュラムに含まれています

価格は79,800円と、基本講座と比較すると割高ですが、卒業試験提出と同時に「ピラティスセラピスト」「ピラティスインストラクター」の2資格が同時取得できます。

ご自身のニーズに合わせて、お好みの講座を選択してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!