西洋占星術資格人気ランキング

horoscope

タロット占いやホロスコープ、毎日の暮らしに深く根付いている西洋占星術。この西洋占星術を深く学べる資格試験が人気です。

仕事へと活躍の場が広がるだけでなく、人間関係などに悩みを持つ方にも問題解決の手助けになるのでトライしてみてはいかがでしょう?

【1位】西洋占星術アドバイザー

西洋占星術アドバイザーは、西洋占星術の歴史や知識を基礎から学び、ホロスコープを作成・分析して、運勢や人の本質などを占うことのできる方に贈られる、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の民間の資格です。

西洋占星術は、ホロスコープから運勢や本質・性格を正しく読み取ることで、抱えている問題の解決へと導きます。

この資格が人気の理由としては、アドバイザーとしての仕事をする以外にも人生の岐路で選択に迷ったときに西洋占星術の視点から問題を見つめなおすことができることが大きなポイントになっているのではないでしょうか。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本アロマメディカル心理セラピー協会:西洋占星術アドバイザーはこちら

【2位】ホロスコープインストラクター

ホロスコープインストラクターとは、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の民間資格です。ホロスコープを作成・分析して、深く読み取ることで問題解決へと導くことができる方に認定されます。

西洋占星術では、ホロスコープの作成と分析が非常に大切なので、インストラクターとして仕事をしたい人だけでなく、占いが趣味の方にも改めて西洋占星術の基礎から学べるおすすめの資格試験です。

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本インストラクター技術協会:
ホロスコープインストラクターはこちら

【3位】ホロスコープリーディングマスター

ホロスコープリーディングマスターとは、一般社団法人日本能力開発促進協会主催のプロの西洋占星術師であることを認定する資格です。

この資格は、ネイタル・ホロスコープ、トランジット・ホロスコープ、プログレス・ホロスコープを正しく分析し、相談内容に応じ適切なアドバイスをすることできる能力を証明するものです。

西洋占星術の専門知識を深めたい方に人気の資格です。

講座名:ホロスコープリーディングマスター資格取得講座

受験資格:認定教育機関において全カリキュラムを修了した者

費用:58.000円(消費税別)

受験料:5.600円(消費税込み)

合格基準:70%以上の評価

一般社団法人日本能力開発促進協会:http://www.jadp-society.or.jp/course/horoscope/

【4位】タロット リーディング マスター

タロット リーディング マスターとは、一般社団法人日本能力開発促進協会(JADP)主催のプロのタロット占術師であることを認定する資格です。この資格は、タロットのリーディングはもちろんのこと、相談者への適切なアドバイスができる能力があると証明されるものです。

西洋占星術の中でも比較的なじみの深いタロット占い。体験したことがある方も多いのでは?プロのタロット占術師をめざす方以外に、趣味としてタロット占いがお好きな方にもおすすめの資格です。

講座名:タロットリーディングマスター資格取得講座

受験資格:認定教育機関において全カリキュラムを修了した者

費用:48.000円(消費税別)

受験料:5.600円(消費税込み)

合格基準:70%以上の評価

一般社団法人日本能力開発促進協会:http://www.jadp-society.or.jp/course/tarot/

【5位】日本手相能力検定

占いの中でもなじみの深い手相占い。手相を見ることで運勢や人柄まで読み取れると言われ、深い知識はなくても多少の知識がある方も多いでしょう。

日本手相能力検定とは、そんな手相の技能検定です。1級から4級まで分かれており、レベルに合わせて挑戦できるので、興味のある方は4級から受けてみても良いですね。

検定費用:4級5.400円、3級7.500円、2級8.640円、1級12.960円

日本手相能力検定運営事務局:https://www.kentei-uketsuke.com/sys/tesou/introduction
西洋占星術ホロスコープ  西洋占星術ホロスコープ

関連記事

通信講座情報

souji

共働きの家庭の利用が急増中!賢いハウスクリーニングの利用方法とは?

共働きの家庭の利用が急増中!賢いハウスクリーニングの利用方法とは? 最近、よく聞くようになった「ハウスクリーニング…

ページ上部へ戻る