食育健康アドバイザーになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

  • URL Copied!

「食育健康アドバイザーとして活躍したい」

「食育健康アドバイザーの知識はどのような分野で活かせる?」

「食育健康アドバイザーの知識でスキルアップしたい!」

当記事では、上記のような疑問について、どこよりも詳しく解説していきます。

【内容をまとめると】

  • 食育健康アドバイザーは、食育の正しい知識を得た食育のプロ
  • 食育健康アドバイザーとしての知識は独学・スクール・通信講座のいずれかで学習できる
  • おすすめの資格は「食育健康アドバイザー資格」「管理健康栄養インストラクター資格」
  • 諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「食育健康アドバイザー資格」「管理健康栄養インストラクター資格」の資格を同時取得可能!

それでは、早速みていきましょう。

食育健康アドバイザーとは、正しい食育の知識を得た「食育のプロ」

健康に暮らすためには食育。肥満・細身は思考能力が低下するって本当?

食育健康アドバイザーとは、現代社会に欠かせない正しい食育の知識を得た、いわば「食育のプロ」の事を指します。

昨今では、食の欧米化やジャンクフードが増加し、肥満や痩身傾向にある人口が増加しています。

肥満や痩身は、見た目の問題のみではなく、身体の免疫力を低下させる・運動能力や思考能力が低下するという恐ろしいリスクを含んでいます。

また、共働き世帯の増加により、子どもの孤食も問題視されており、特に子どもにおいて食を取り巻く環境は悪化している事が、大きな社会問題として懸念されています。

これらの問題を解決する為の正しい食の知識を「食育」と言い、現代社会で健康的に暮らしていく為には、子どもから大人までこの食育について見つめなおすことが求められているでしょう。

この他にも、食育では栄養バランスの良い食事の作り方から、食品添加物の危険性まで幅広く食について知識を深められます。

調理師として、食の知識を深めたい方は勿論、子どもの好き嫌いや栄養バランスに関して悩んでいる方は、食育について深い知識を習得し、食育健康アドバイザーを目指してみてください。

食育健康アドバイザーの勉強は?すぐに身に着ける方法

それでは、実際にどのような方が食育健康アドバイザーとして名乗れるのでしょうか。

実は、食育健康アドバイザーには国家資格等は存在せず、食育に関して下記の知識を深めることによって、独学でも食育健康アドバイザーとして名乗れます。

【食育健康アドバイザーに必要な知識】
  • 食育の基礎知識
  • 栄養素について
  • 食育と身体の関わり
  • 食育と社会の関わり
  • 老化の原因と活性酵素
  • 食品添加物の危険
  • 子どもの生活習慣病
  • 食事バランスガイド
  • 食育推進基本計画について
  • 虫歯予防について
  • 学校や企業における食育
  • WHOの食育
  • 医薬品とサプリメントの違い

上記からも解るように、一口に食育の知識と言っても、その知識量は膨大です。

この為、独学での学習では、多くの専門書を読む必要があり、膨大な時間がかかってしまうでしょう。

食育健康アドバイザーの知識を学ぶ独学以外の有効な方法は、大きく分けて【スクール】【通信講座】の2つの学習方法があります。

スクールでは、プロの食育インストラクターから、実践的な知識を学べるといううメリットがありますが、決まった時間にスクールに通う必要がある為、学生以外の世代の方が通い続けるのは中々難しいものがあるでしょう。

一方で、通信講座での学習は自宅で好きな時間に行う事ができる為、主婦や子育て中の方、仕事の合間に知識を得たい多くの方に支持されています。

一概にどちらの学習方法が良いとは言えないため、ニーズに合った学習方法を選択してみてください。

食育健康アドバイザーは社会で活躍できる!その仕事内容と活躍分野は?

アドバイザーが活躍できる場所は?家庭外でも活躍できる様々な業界がある

食育健康アドバイザーとして得た知識は、家族に健康的な食事を与えられる・子どもの好き嫌いを解消できるだけではなく、仕事にも活かせる内容です。

下記に、食育健康アドバイザーが活躍できる業界についてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【食育健康アドバイザーが活躍できる業界】
  • 保育の現場
  • 飲食店や食品メーカー等の食の現場
  • 栄養教諭
  • 介護士や福祉士

それぞれ、詳しく見ていきます。

保育の現場

食育健康アドバイザーとして得た知識は、保育の現場でも重宝されます。

保育の現場は、直接食には関係ないと思われがちですが、子どもは大人よりアレルギーや偏食が多い為、食育の深い知識が求められます。

また、保護者から食についての相談を受ける機会も多いため、食育に関する知識を身に着けることで、子どもや保護者に寄り添った優れた保育師になれるでしょう。

飲食店や食品メーカー等の食の現場

食品に関わる職である、飲食店や食品メーカーでも食育の知識は求められています。

昨今では、キッズカフェや親子カフェの増加により、子ども向けの食育メニューを開発したい企業も多く、様々な分野で食育の知識を活かせるでしょう。

栄養教諭

学校に勤務する栄養教諭も、食育健康アドバイザーとしての知識が役立ちます。

栄養教諭は2005年に新設された資格職であり、子どもの栄養について正しい知識を有したエキスパートの事です。

現在、栄養教諭を全国の学校で早期配置することが求められており、今後大きくニーズが高まる食と言えるでしょう。

優れた栄養教諭となる為に、是非合わせて食育健康アドバイザーとしての知識を深めてみてください。

介護士や福祉士

食育に関する知識は、子どもや幼児期を中心とした物と考えられることもありますが、実は高齢者に携わる介護業界や社会福祉業界でも求められる知識です。

実際に、現在介護士や福祉士として働く方の中にも、スキルアップとして食育健康アドバイザーの知識を学ぶ方は多く、食育の知識があれば介護業界で大きな貢献が出来るでしょう。

食育健康アドバイザーの適性チェック!

子供から大人までの健康をアドバイスする仕事。どんな人が向いている?向いている人の特徴とは?

食育健康アドバイザーとして活躍する為には、ある程度アドバイザーとしての適性を満たす必要があります。

下記に食育健康アドバイザーの適性チェックを作成しましたので、是非チェックしてみてください。

【食育健康アドバイザーの適性チェック】
  1. 健康に興味がある
  2. 家族や子どもに栄養バランスの良い食事を与えたい
  3. 人に貢献することが好き
  4. 向上心がある
  5. 保育や福祉の場で活躍したい
  6. きめ細やかな対応ができる

上記のいずれかに該当するのであれば、食育健康アドバイザーとしての適性があると言って良いでしょう。

しかし、その一方で健康や食に関して興味を持てない方は、食育健康アドバイザーとしての知識を身に着けても、その知識を最大限活かしきれないかもしれません。

人には向き不向きがあるので、食育健康アドバイザーとしてモチベーションを保ち続けられるかどうか、今一度考えてみてください。

食育健康アドバイザーの代表的な資格まとめ

沢山の資格がある。資格・就職には有利?自身のニーズにあった資格をチェック

上の項で、食育健康アドバイザーは特別な資格が必要なく、独学でも学習が可能と申し上げました。

しかし、食育の知識を保育や介護の現場で活かしたいと考えているのであれば、資格がある方が良いでしょう。

食育の資格の中には、一定レベル以上の知識を習得している証明になる「認定資格」というものが存在します。

この認定資格によって、どの程度食育に関する知識を習得しているのかの客観的な指標となり、就職や転職の際も有利に働くでしょう。

下記に、食育健康アドバイザーの代表的な資格をまとめたので、参考にしてください。

【食育健康アドバイザーの代表的な資格】
  • 食生活アドバイザー
  • 食育健康アドバイザー
  • 管理健康栄養インストラクター
  • オンライン食育栄養士資格
  • 薬膳インストラクター

それぞれ、簡単に解説していきます。

食生活アドバイザー

食を生活の一部として提案できる、栄養素や食全般のスペシャリストである事を証明する資格です。

食育健康アドバイザー

食育の基本的な知識を有している事を証明する、日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターとして、栄養素に関する深い知識や、腸内細菌が身体にもたらす影響まで、幅広い知識を習得している事を証明する資格です。日本インストラクター技術協会が主催しています。

オンライン食育栄養士資格

オンラインやSNSで食育について助言する知識を有している事を証明する、日本オンライン資格推進機構が主催する認定資格です。

薬膳インストラクター

食育のみでなく、薬膳や漢方についての深い知識を有している事を証明する、日本能力開発推進協会の主催する認定資格です。

食育健康アドバイザーになるには「食育健康アドバイザー」「管理健康栄養インストラクター」資格がおすすめ 

忙しい方でも安心。確実に取得できる?おすすめの2資格をご紹介

ここまで、食育健康インストラクターの学習方法や、代表的な資格について解説していきました。

現在どの資格を取得しようか迷っているのであれば、日本安全食料料理協会「食育健康アドバイザー」資格と、日本インストラクター技術協会「管理健康栄養インストラクター」資格がおすすめです。

何故なら、これらの資格は、食育に関する深い知識が得られる資格ですが、1日30分からの学習から資格取得が目指せるなど、スムーズな取得が可能だからです。

技能訓練はスクールに通う必要もなく、完全在宅で資格取得を目指せるため、空いた時間を有効に使いたい方や、育児や仕事の合間に資格を取得したい方にもおすすめと言えるでしょう。

下記に、それぞれの資格の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

日本安全食料料理協会「食育健康アドバイザー」

食育健康アドバイザー資格では、食育の基本的な知識から、食育と生活習慣病や諸外国の食育についての知識までの習得が可能です。

受験料は10,000円で、3ヵ月に1回程度の頻度で資格試験を実施しているため、今すぐに資格取得を目指したい方にもおすすめと言えます。

資格取得後は、食育の知識を活かしてカルチャースクールやフリーランスで講師活動が可能です。

日本インストラクター技術協会「管理健康栄養インストラクター」

管理健康栄養インストラクター資格では、食育インストラクターとしての基礎知識をはじめ、ビタミン・ミネラル等の栄養素について深く学習できます。

栄養バランスの良い食事を作る知識が得られるので、資格取得後は保育の現場や介護の現場で活躍できるでしょう。

受験料は10,000円で、3ヵ月に1回程度の頻度で資格試験を実施しています。

諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは、2資格を同時取得可能!

現在、通信講座の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールジャパンでは、日本安全食料料理協会「食育健康アドバイザー」資格と、日本インストラクター技術協会「管理健康栄養インストラクター」資格の同時取得が出来る講座が開講しています。

下記にそれぞれの講座の特徴についてまとめましたので、参考にしてください。

SARAスクールジャパン「食育コース」

SARAスクールジャパンの食育コースでは、「食育健康アドバイザー」「管理健康栄養インストラクター」の2資格が同時取得可能です。

SARAスクールジャパンは、女性のための通信講座というキャッチコピーの資格講座で、仕事・家事・育児に忙しい女性でも、効率よく資格取得に導くカリキュラムが組まれています。

テキストは完全オリジナル教材となっており、プロの監修した解りやすいテキストを採用している為、初心者からでも安心して資格取得に挑戦可能です。

受講期間中は、講師に何度でも無料で質問できるという大きなメリットもあるため、食育に関しての知識が一切ない方でも、安心して学習を始められます。

コースは「食育基本コース」と「食育プラチナコース」の2種類あります。

下記に、それぞれのコースの特徴をまとめたので、参考にしてください。

食育基本コース食育プラチナコース
受講料59,800円79,800円
期間6か月(最短3か月)6か月(最短2か月)
添削5回5回+卒業課題1回
講座内容ガイドブック受講証受講カード学習テキスト01学習テキスト02練習問題集/解答模擬試験/解答添削課題質問用紙封筒ガイドブック受講証受講カード学習テキスト01学習テキスト02練習問題集/解答模擬試験/解答添削課題質問用紙封筒卒業課題

試験対策が可能な59,800円の食育基本コースでは、2種類のテキストと模擬試験により、充分な試験対策ができます。

一方で、食育プラチナコースは試験対策に卒業課題が含まれたコースで、卒業課題を提出すれば資格試験が免除されるSARAの特別コースです。

初期費用を抑えたい方は基本コースを、確実に資格を取得したい方はプラチナコースを選択しましょう。

諒設計アーキテクトラーニング「食育健康アドバイザーW資格取得講座」

諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得」では、「食育健康アドバイザー」「管理健康栄養インストラクター」の2資格を、最短2か月で取得可能です。

諒設計アーキテクトラーニングは、通学よりも効率的な完全個別指導と、専属講師による回数無制限の学習サポートにより、最短で資格取得を目指します。

実際に、ゼネラルリサーチの通信講座満足度でも高い評価を得ており、初めて通信講座を申込む方でも安心して受講できるでしょう。

更に、諒設計アーキテクトラーニングでは、基本的な講座の他に、資格協会認定講座ならではの特別な「スペシャル講座」も用意されています。

下記に、それぞれの講座の概要についてまとめましたので、参考にしてください。

基本講座スペシャル講座
受講料59,800円(分割3,300円×20回)79,800円(分割3,800円×24回)
期間6か月(最短2か月)6か月(最短2か月)
添削5回5回+卒業課題1回(資格試験免除)
講座内容受講証受講マニュアル完全攻略テキスト2冊練習問題集/解答用紙練習問題解答集模擬試験/解答用紙模擬試験解答集添削課題/提出用解答用紙質問用紙封筒受講証受講マニュアル完全攻略テキスト2冊練習問題集/解答用紙練習問題解答集模擬試験/解答用紙模擬試験解答集添削課題/提出用解答用紙質問用紙封筒卒業試験

基本講座は、完全攻略マニュアルと練習問題集を含んだ、資格試験対策用の講座です。

テキスト修了後に、自身で資格協会に試験の申し込みをする必要がありますが、初期費用が抑えられるという特徴があります。

一方で、スペシャル講座では、完全攻略マニュアルと練習問題に加えて卒業試験が講座に含まれています

初期費用は、基本講座よりは高くなりますが、卒業課題を提出した時点で資格試験が免除になり、試験を受ける必要がなく、確実に資格を取得できる事がメリットと言えるでしょう。

どちらの講座も短期間で食育健康アドバイザーとしての知識を深められるので、ニーズに合わせた講座を選択してみてください。

食育の知識は、家族の健康管理のみではなく、様々な業界で活かせる実用性の高さが魅力です。

家族の健康の為、自身のスキルアップの為に是非、食育健康アドバイザーを目指してみてください!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!