介護食マイスターになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

  • URL Copied!
  • 「介護食マイスターになって、万が一の介護に備えたい」
  • 「介護食について詳しく知りたい」
  • 「介護食マイスターになる方法は?」

当記事では、上記の疑問について解りやすく解説していきます。

【内容をまとめると】

  • 介護食マイスターは、高齢化社会に役立つ「介護食のエキスパート」
  • 介護食マイスターとして得た知識は、家庭のみでなく介護の現場でも役立つ
  • 介護食マイスターにおすすめの資格は「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」
  • 諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格同時取得が可能!

それでは、早速見ていきましょう。

介護食マイスターとは、高齢化社会に求められる「介護食のエキスパート」

高齢者が食べやすく栄養のある食事を作る!家族の老後やキャリアアップにも活かせる!

歳を重ねたり、病気を患うと今までと同じような食事が難しくなることがあります。

栄養バランスがより良い食事を取る必要がある事は勿論、噛む力が低下した場合、食べやすい食事を作る必要があるでしょう。

介護食の知識を深く理解出来ていると、このような場合でも人それぞれの状態に合わせた食事が作れます。

このような「介護食のエキスパート」のことを、介護食マイスターと言い、高齢化社会の現代日本では必要不可欠な知識とも言えます。

ご自身の家族の老後の為に学ぶ必要がある事は勿論、様々な業界のキャリアアップにも役立つ知識と言えるでしょう。

是非、この機会に介護食マイスターとしての知識を深めてみましょう。

介護食マイスターになる為の勉強法

介護食マイスターになるには、どのような勉強をしたら良いのでしょうか。

実は、介護食マイスターになる為には国家資格などの明確な基準はありません。

一定レベル以上の介護食の知識と、介護食を作る実践的な技術があれば、充分に介護食マイスターとしての活躍が可能です。

この為、介護食マイスターは独学でも習得可能です。

下記に、介護食マイスターとして必要な知識について詳しくまとめましたので、参考にしてください。

【介護食マイスターに必要な知識】
  • 介護食の基礎知識
  • 介護食の作り方
  • 誤嚥の危険性
  • 食中毒や認知食
  • レトルトを用いた介護食
  • 経管栄養
  • 経管栄養の注意点や手順
  • 栄養素の基礎知識
  • 好き嫌いが多い方の為の介護食
  • リハビリやピラティスの基礎知識

上記からも解るように、介護食マイスターとして覚える知識は膨大です。 

一口に介護食と言っても、介護食の作り方から、栄養素そしてリハビリに関しても深く知る必要があります。

この膨大な知識量を独学で覚えるのは、非常に時間やお金を要してしまうでしょう。

しかし、短期間で介護食マイスターとしての知識を身に着ける方法もあります。

それが【スクール】【通信講座】で学習するという方法です。

スクールで、介護食マイスターの知識を学ぶ場合、プロの講師から直接指導が受けられるというメリットがありますが、費用が高額である場合も多く、自分の都合で学習できないというデメリットがあります。

一方で通信講座で学習する場合、プロの直接指導は受けられませんが、プロが監修した解りやすいテキストで要点を絞った学習ができます。

また、完全在宅で学習できるため、育児や仕事の合間に学習したい方にも最適な方法と言えるでしょう。

介護食マイスターは仕事にも活かせる!仕事内容と活躍分野

介護食マイスターが活躍できる場所は?社会での需要が高く活躍が期待できる!

介護食マイスターとしての知識は、家庭での介護に役立つのみではなく、仕事として社会で活かせる知識です。

下記に、どのようなフィールドで働けるのかまとめましたので、是非参考にしてください。

【介護食マイスターの仕事内容】
  • 介護施設のスタッフ
  • グループホームでの調理
  • 宅食などの外食産業
  • 介護ヘルパー

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

介護施設のスタッフ

介護食マイスターとして得た知識は、介護施設の調理スタッフとして活かせます。

介護施設の多くが、施設内で利用者の食事を作ることが多く、人それぞれの症状に合わせた栄養バランスの良い食事が求められます。

利用者それぞれのニーズに合った、食べやすく栄養バランスの良い食事を作ることが出来れば、多くの人に喜んでもらえるでしょう。

グループホームでの調理

グループホームは、認知症の高齢者が少人数で生活する施設です。

介護施設と同様に、施設内で調理を作るケースが多いため、介護食アドバイザーとしての知識を活かせます。

グループホームの食事は、介護施設よりも食材を細かく刻み食べやすくする工夫が求められるため、介護食の知識は重宝されるでしょう。

宅食などの外食産業

昨今、宅食などの外食産業では、在宅療養する高齢者の為の宅配サービスが増加してきました。

サービスの増加に伴い、外食産業では、介護食の知識を有した人材の需要が高まり、求人数も増加しています。

主に調理業務がメインとなるため、直接高齢者に関わる仕事ではありませんが、間接的に在宅の高齢者の手助けが可能です。

介護ヘルパー

高齢者の自宅を訪問し、サポート業務を行う介護ヘルパーも介護食マイスターの知識は役立ちます。

実際に、現在介護ヘルパーとして活躍している方の中にも、スキルアップの為に介護食マイスターの資格を取得する方も多く、介護食の知識は、他の介護士との大きな差を付けられるスキルと言えるでしょう。

介護食マイスターの適性チェック!

介護や調理に興味がある人は最適?どんな人が向いている?向いている人の特徴は?

次に、介護食マイスターの適性チェックをしていきましょう。

何事もそうですが、人には向き不向きがある為、1つの事を目指す際には、ある程度の適性がないと続ける事が難しいでしょう。

後から後悔することのないように、介護食マイスターとしての適性があるかどうか確認してみましょう。

下記に、介護食マイスター適性チェックをまとめましたので、参考にしてください。

【介護食マイスター適性チェック】
  1. 家族の介護に備えた知識が欲しい
  2. 現在、高齢者に携わる仕事をしている
  3. 調理に興味がある
  4. 健康バランスの良い食事を作りたい
  5. 社会に貢献したい
  6. 栄養素について詳しくなりたい

上記のいずれかに該当するのであれば、介護食マイスターとしての適性があるといって良いでしょう。

しかし、その一方で、介護や調理について興味・関心を持てない方は、介護食マイスターとして適性はないかもしれません。

せっかく介護食の知識を得ても、その知識を活かせないと何の意味もありません。

今一度、ご自身に介護食マイスターの適性があるか確認してみましょう。

介護食マイスターの代表的な資格とは?

就職・転職に有利なのはどれ?採用で有利になるために資格を取得しよう!

介護食マイスターとして得た知識を、家庭での介護に活かす程度では、特段資格の必要はないでしょう。

しかし、介護食マイスターとして社会で活躍したいと考えているのであれば、資格は取得しておくことをおすすめします。

何故なら、資格があるのとないのでは、採用に大きな違いが生まれるからです。

同じ知識を得ていても、資格の有無で印象が大きく異なるため、せっかく勉強するのであれば、一緒に資格も取得しておきましょう。

下記に、介護食マイスターの代表的な資格をまとめましたので参考にしてください。

【介護食マイスターの代表的な資格】
  • 介護食マイスター資格
  • 介護食作りインストラクター資格
  • 介護食士
  • 介護食アドバイザー

それぞれ、解説していきます。

介護食マイスター資格

介護食マイスター資格は、日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。

介護食の基礎知識をはじめとして、介護食の作り方や、流動食の種類や特徴について学びます。

介護食作りインストラクター資格

介護食作りインストラクター資格は、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。

介護食の栄養バランスや、実務として介護食を作る際の注意点を学べる為、資格取得後は介護施設の調理師として活躍ができるでしょう。

介護食士

介護食士は、介護食をはじめとした栄養素の既卒式、食品学、食品衛生学の知識を学べます。

学科の他に実技があり、講習会を開講している大学や専門学校で受講する必要があります。

介護食アドバイザー

介護食アドバイザーは、日本の応力開発推進協会が主催する認定資格です。

医学や栄養学の知識に加えて、高齢者でも食べやすい介護食の作り方を学びます。

介護食マイスターとして活躍するなら「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」がおすすめ!

短期間で知識を得たいならこの資格!おすすめの2資格を詳しく紹介!

ここまで、介護食マイスターになる方法や、代表的な資格について解説していきました。

介護食マイスターとして活躍できる資格は多くありますが、中には、通学や実技講習が必要な資格もあり、育児や仕事の合間に取得するのが難しい資格もあるでしょう。

このような方には「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の資格がおすすめです。

「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の資格は、短期間で介護士マイスターとしての確かな知識を得られます。

下記に、それぞれの資格の特徴をまとめましたので、是非参考にしてください。

日本安全食料料理協会「介護食マイスター資格」

介護食マイスター資格は、日本安全食料料理協会の主催する認定資格です。

受験資格は特にないため、学歴問わず介護食の初心者でも挑戦可能です。

試験料は10,000円で、試験の頻度は2か月に1回の高頻度で行っている為、最短2か月から資格の取得を目指せます。

高齢者と食事の関係や、状況に応じた介護食を作りたい方におすすめの資格と言えるでしょう。

日本インストラクター技術協会「介護食作りインストラクター資格」

介護食作りインストラクター資格は、日本インストラクター技術協会の主催する認定資格です。

試験対策から試験まで全て在宅で行えるため、育児や仕事で試験会場にいけない方でも十分取得出来る資格です。

こちらも、介護食マイスターと同様に、2か月に1回の頻度で試験が実施されているので、是非挑戦してみましょう!

試験料は10,000円です。

おすすめ資格2資格を同時取得可能な講座を紹介!

最後に「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格を効率的に取得する方法をご紹介して終わります。

現在、資格講座の諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格を同時取得できる、大変お得な講座が開講中です。

それぞれの講座の特徴についてまとめましたので、是非参考にしてください。

介護食資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでは「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の資格を同時取得できる「介護食コース」が開講しています。

SARAスクールジャパンは「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の資格認定を行っている、日本安全食料料理協会と日本インストラクター技術協会の協会認定校に指定されている為、短期間で確実に資格を取得できる特別なコースも受講可能です。

基本的なコースである「介護食基本コース」と、特別なコースである「介護食プラチナコース」の概要を下記にまとめましたので、参考にしてください。

介護食基本コース介護食プラチナコース
受講料59,800円79,800円
期間6か月(最短3か月)6か月(最短2か月)
添削5回5回+卒業課題1回
講座内容
  • ガイドブック
  • 受講証
  • 受講カード
  • 学習テキスト01
  • 学習テキスト02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題
  • 質問用紙
  • 封筒
  • ガイドブック
  • 受講証
  • 受講カード
  • 学習テキスト01
  • 学習テキスト02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題
  • 質問用紙
  • 封筒
  • 卒業課題

基本コースとプラチナコースも大きな違いは、資格試験が免除されるか否かです。

基本コースでは、学習テキストや練習問題で試験対策をし、資格試験に挑む必要がある、いわば「試験対策コース」です。

その一方で、プラチナコースは、学習テキスト・練習問題・卒業課題を修了した段階で資格試験が免除される「確実に資格が取得できるコース」と言えます。

それぞれのコースで費用が異なるため、初期費用を抑えたい方は基本コースを、確実に資格を取得したい方は、プラチナコースを選択しましょう!

介護食マイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「介護食マイスターW資格取得講座」でも「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格が取得可能です。

2つの資格を最短2か月という短い期間で取得できるので、いますぐに介護食の知識を身に着けたい方や、仕事で活かしたい方にもおすすめです。

短期間で資格を取得できる秘密は、プロの監修した完全オリジナルのテキストにあります。

プロが監修したテキストは、介護食における要点に絞った内容を詳しく習得できるので、1日30分という短い時間からでも資格取得を目指せるでしょう!

また、諒設計アーキテクトラーニングならではの完全個別指導や回数無制限の学習サポートも、講座受講者は無料で利用できます。

現在「介護食マイスターW資格取得講座」では基本講座の他に、スペシャル講座も開講しています。

下記に、それぞれの講座の概要をまとめましたので参考にしてください。

基本講座スペシャル講座
受講料59,800円(分割3,300円×20回)79,800円(分割3,800円×24回)
期間6か月(最短2か月)6か月(最短2か月)
添削5回5回+卒業課題1回(資格試験免除)
講座内容
  • 受講証
  • 受講マニュアル
  • 完全攻略テキスト2冊
  • 練習問題集/解答用紙
  • 練習問題解答集
  • 模擬試験/解答用紙
  • 模擬試験解答集
  • 添削課題/提出用解答用紙
  • 質問用紙
  • 封筒
  • 受講証
  • 受講マニュアル
  • 完全攻略テキスト2冊
  • 練習問題集/解答用紙
  • 練習問題解答集
  • 模擬試験/解答用紙
  • 模擬試験解答集
  • 添削課題/提出用解答用紙
  • 質問用紙
  • 封筒
  • 卒業試験

上記の表からも解るように、基本講座は59,800円というリーズナブルな費用で試験対策ができます。

講座受講後は、ご自身で資格協会へ試験の申込をしましょう。

一方で、スペシャル講座は79,800円と基本コースよりも高くはなりますが、提出すると資格試験が免除になる卒業試験が講座内容に含まれています。

卒業試験の提出によって、「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格が取得可能です。

短期間で、確実に資格を目指したい方は、是非スペシャル講座を選択しましょう!

介護食マイスターとして得た知識は、家庭のみでなく、介護や高齢者施設などの現場で非常に重宝されます。

是非この機会に「介護食マイスター資格」「介護食作りインストラクター資格」の2資格の取得を検討してみてください。

資格の取得には、同時取得可能な諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンがおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!